謎解きクイズのサブスクリプションは失敗するのか?

2020年12月より当サイトの管理人が始めた「謎解きクイズのサブスクリプション~謎の島」ですが、かなり厳しい状況です。

と言うのも、現時点では会員が全くいません。

つまり、サービスとして成り立っていないのにコンテンツだけを追加していると言事です。

と言っても、まだ9問しか公開していないので、まだまだこれからのサービスなのですが、今後どうなっていくのかと言う事を現時点の成果から解説していきます。

100問を作ったところからが勝負

冒頭でも言いましたようにまだ問題数が9問と言う事もあり、サブスクリプションとしてのサービス価値を提供出来ていない状況です。

どんなに少なくても100問を公開してからでないと、宣伝するにも出来ない状況です。

なので、100問を作ったところからが勝負だと思っています。

いつ100問のクイズが完成するのか?

さて、100問のクイズを作ると言っても、一人でコツコツ作成しているので、スピード感を持って作れるわけではありません。

現時点では、1日1問程度が限界なので100問が出来るのは100日後となります。

必要があれば、コンテンツ作成に外注を使いたいのですが、残念ながら現時点では収益が無いのでそれも出来ない状況です。

サブスクリプションの基本であるお金を使ってくれる人が増えればサービスも良くなるというサイクルには、まだまだ時間が掛かりそうです。

謎解きブームは続くのか?

今は謎解きブームが来ており、様々な企業が謎解きのイベントやコンテンツを作成しています。

しかし、謎解きのブームはいつまで続くのでしょうか?

私の予想ではゲーム文化がこれほどまでに根付いたように、数十年単位で人々の娯楽コンテンツとして根付くのかと思います。

ただ、今の問題点は一部のファンにだけ楽しまれていると言う事です。

なので、もっと幅広い人にも楽しんでいただけるように謎解きの難易度を調整する作業が必要なのかと思います。

謎の島では一人ひとりの回答状況などを記録しており、問題難易度の調整に役立てていく予定です。

また、それぞれの好みの把握して、様々なテーマのナゾトキを作成していきます。

特にストーリー形式の謎解きではオリジナルのストーリーを混ぜながら、エンターテインメントとして謎解きをもっと楽しんでいただけるような工夫も取り入れていく予定です。

会員を募集中です!

現在、謎の島では会員を募集中です。

初月150円(税込み)、翌月以降950円(税込み)の謎解きサブスクリプションとなっています。

毎日、謎を解きたい。

毎日、新しいなぞに出会いたい。

そんな人に楽しんでいただけるサービス内容となっています。

謎の島~謎解き放題 会員登録のご案内

コメントを残す