Googleが考える良いコンテンツとは何なのか?

WEBサイトを運営する人ならば一度は考えたことのあるSEO対策。

一昔前までは「被リンクの数」や「コンテンツの文字量」、「タイトルのつけ方」、「キーワードの設定」、「ディスクリプション」等によってある程度の順位はキープが可能でした。

しかし、今ではGoogleのアルゴリズム改良により、単純な決め方ではなくなり、おそらくGoogleで働く人すら、仕組みを全て理解していないのが現実でしょう。

そして、Googleが唯一私たちに公開している順位の上げ方は「良いコンテンツを作ること」です。

そこで、今回はGoogleの考える良いコンテンツとは、どのようなコンテンツを指すのかを考えてみました。

 

見る人にとって役立つコンテンツが大前提

当たり前といえば、当たり前ですが、WEBサイトは見る人にとって役立つ内容でなければなりません。

ただ、役立つと言っても複数の種類があり、大きくは二つに分けられます。

一つ目が「情報として役立つ」コンテンツです。

こちらは、単純に誰かにとって役立つ情報で、例えば「乗り換え案内」や「料理レシピ」、「ニュース」などがあります。

二つ目が「面白い・癒される」コンテンツです。

こちらは、役立つ事はなくても面白かったり、癒されるコンテンツです。

例えば、「コラム記事」や「WEBゲーム」、「大人のコンテンツ」などがあります。

これらの中でも、とびっきりユーザーにとって役立つ情報やお得な情報をGoogleが選んで上位に表示させています。

なので、役にも立たないし、面白くもないコンテンツは、問答無用で表示されないという事です。

 

どんなコンテンツが役に立って面白いのか

役に立つや面白いと言っても、人によって違うし、Googleはどこを基準に判断しているのでしょうか。

正直、それについては公表されていないのでわかりませんが、様々な情報を使っているのは間違いありません。

もしかすると、Google Chrome等、Googleが開発したブラウザーの閲覧情報を取得して、表示時間の長いコンテンツを見ているかもしれません。

そうなると、Googleのアルゴリズムは人間と同じというより、人間を使っていることになるので、キーワードや被リンクなどは全く関係ないことになります。

もちろん、それだけではなくAIが記事やコンテンツを読んだり利用して、「使いやすさ」、「情報量の多さ」も測定しているでしょう。

そして、その結果、一番に選ばれたものが、一番上に表示されています。

 

当サイトでの必勝法

ここまでは、当たり前の事を当たり前に説明してきたので、特に何も得られなかったと思います。

ですので、当サイトの必勝法を少しだけお伝えします。

当サイトにおいて安定的にPVを獲得している記事は様々あるのですが、代表的なのが下記の3つです。

Beats Xが壊れた時に試したい事&修理にかかる日数

2017.06.22

一つ目は、CMでも放映されている「BeatsX」の故障・修理についての記事になります。

こちらは、比較的新しい商品という事もあり、そもそものライバル数も少ない情報です。

なので、独占的に上位を獲得出来ており、多くの方に閲覧頂いています。

このように、ライバルの少ない領域で、しかも注目されるであろうキーワードを先取りする事は、今後も安定的にPVを集めてくれるコンテンツになりやすいです。

 

道路で見かける「あれ」の値段って一体いくらなの?

2016.12.12

二つ目は、一般の人が知らないし、知らなくても問題ないけど気になる事をまとめた記事です。

正直、この手の情報はライバルも多いのですが、まとめられている情報は少ないように感じます。

なので、珍しい情報を様々なところから集めてきて、まとめるだけでもGoogleからは、評価されやすいのかと思います。

ただし、コピーをするとGoogleから嫌われてしまいますので、それだけは止めましょう。

しっかりと、自分の言葉でお伝えして、数字や核となる情報だけ引用させてもらうなど工夫が必要です。

 

9割の人は知っている「月が光る理由」改めて説明してみた

2017.07.05

最後は、誰もが習った事のある事を解説した記事です。

月が光る理由など小学校で習う事なので、誰もが知る情報ですが、意外と忘れている人も大勢います。

なので、通常時でもある程度のアクセスを集めていますが、天体ショーなどがあると一気に増える傾向があります。

こうやって、当たり前の事をわかりやすくまとめるだけでも、Googleからは、ある程度の評価が得られるという事です。

 

まとめ

こんな弱小ブログですら、アクセス数を集める記事というものを持っているという事は、WEBサイトを運営する皆様も一つぐらいは、そのようなコンテンツが存在しているでしょう。

その、アクセスを稼いでくれるコンテンツを見れば、Googleの好むコンテンツの傾向がなんとなく、掴めるはずです。

ただ、Googleも進化しているので、最終的にはGoogleの好みなど関係なく、多くの人に好まれるコンテンツが上位に表示される事は間違いありません。

もし、今の時代にもキーワードやディスクリプションが検索順位に関係あると思っている人は、根本的なところから考えを改める方が将来の為になります。

ぜひ、Googleの検索順位など気にせずに、良いコンテンツを作りましょう。

コメントを残す