今だから行きたい「飛騨」のオススメスポット!!

37 views

「君の名は」は、今年最大のヒット作となりました。

シーズンから外れた8月末からの公開ながら、わずか52日間で興行収入は154億円、観客動員数は1184万人という、異例の成績を記録して、未だ勢いは止まりません。

歴代興行収入ランキングで見ても、すでにジブリ映画と肩を並べるものになっており、さらなる躍進が期待されます。

そして、そのブームは映画館に留まらず、様々な場所に波及しています。

いわゆる聖地巡礼と呼ばれる観光も、そのひとつです。

「君の名は」の舞台となったのは、東京・岐阜県・広島県・名古屋がモデルとなっています。

そんな普段は地元の人しか来ないようなスポットにも、連日観光客が押し寄せ、経済効果を生んでいるのです。

そんな聖地と呼ばれるものの中でも、岐阜県飛騨地方は格別です。

自然の美しさ、地元の受け入れ態勢など、訪れる人を魅了してやまない魅力に満ち溢れています。

たとえば、主人公が名前を探すという、重要なシーンの舞台となった図書館は、実在の飛騨市図書館がモデルです。

通常ならば、このような公共施設は撮影も、県外者が訪れることさえ禁止されてもおかしくはないのですが、この飛騨市図書館は違いました。

フロントで撮影許可をもらうこと、そして他の利用者の顔が認識できないような写真を撮ること、この2点さえ守れば撮影を許可するという、極めて柔軟な対応を行っているのです。

また、SNSの拡散も問題ないという態度を示したため、飛騨の新たな人気スポットとなっています。

 

この飛騨市図書館から徒歩5分の場所には、飛騨古川駅があります。

この駅の橋こそ、主人公が、ヒロインの住む町へと向かうシーンに使われたものなのです。

劇中とまったく同じシチュエーションで撮影することができますので、これもまた、聖地巡礼には外せないスポットとなっています。

さらに、駅の前のタクシー乗り場も、映画の中で印象的に使われており、まるで「君の名は」の世界に入り込んだような臨場感に満ちています。

そしてヒロインの実家である神社は、岐阜県内の気多若宮神社と、飛騨山王宮日枝神社をミックスさせたものとされています。

鳥居をくぐり、石段をのぼれば、巫女姿のヒロインを想起させるシチュエーションとなっています。

他にも踏切やバス停など、ちょっとした場所が、映画に使われたスポットとなっており、細かいところまで目が離せません。

「君の名は」をより楽しむために、岐阜県に一度は訪れてみましょう。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す