中国旅行で現金が使えないのは本当なのか?

中国では電子マネーの普及率が90%を超えている事をご存知ですか?

アリババの提供する「アリペイ(支付宝)」とテンセントの提供する「ウィーチャットペイ(微信支付)」が二大決済サービスとして確立しています。

理由は偽札が横行しており、誰もが現金を信じれなくなっているからだそうです。

今後もこの流れはさらに進み、現金を使う人は少なくなっていくでしょう。

しかし、中国への旅行者はどうなのでしょうか。

今回は中国旅行で体験した現金事情をお話しします。

 

日本人でも電子マネーに登録できるのか?

2019年1月現在ではテンセントの提供する「ウィーチャットペイ(微信支付)」は日本人でも利用することが出来ます。

しかし、チャージする為には中国国内の銀行が必要で実用的ではありません。

ただ、全く使えないかと言うとそんな事はなく、主に2つの方法でチャージが可能です。

①中国人にお金を送ってもらう

②ポケットチェンジで変換する

①は中国人の友達がいれば余裕だと思います。

②は羽田空港や渋谷のドン・キホーテ等に設置されている外貨を電子マネーに変換する機械を利用する方法です。

本来は余った外貨をSuicaなどに変換する機械ですが、日本円からウィーチャットペイにも変換する機能があります。

これを使えば、中国の銀行口座がなくてもウィーチャットペイにチャージする事が可能です。

 

変換は手数料が高い

ポケットチェンジを使えば変換する事ができるのですが、デメリットが二つあります。

一つ目が手数料です。

おおよそ12%程度の手数料がかかる上に、レートも良くないので現金で元に変えるより損をしてしまいます。

二つ目は日本でしかチャージ出来ない事です。

ポケットチェンジは日本にしか設置されていないので、中国に行く前にチャージをする必要があります。

ただ、チャージしたお金は戻って来ず、日本での買い物にウィーチャットペイで支払うことは出来ません。

つまり、ある程度使う金額を予想しなければならないと言うことです。

この2点からウィーチャットペイを利用する事はお勧めしません。

 

普通に現金が使える

中国に到着して驚いたのが普通に現金が使える事です。

どうやら、観光客の9割は普通に現金を使っている様子です。

なので、無駄にウィーチャットペイに登録しなくても十分に楽しめます。

ただ、クレジットカードには気をつけてください。

VISAやMasterCardが利用できないお店が意外と多くあります。

もし、現金をあまり持ちたくないのであれば中国のカードブランド銀聯カードをお勧めします。

これさえ持っていれば、ほとんどのお店で使用可能です。

こちらは、日本人でも普通に作れますのでご安心ください。

 

ウィーチャットペイは超便利

私は中国旅行でウィーチャットペイを準備していきましたが、めちゃくちゃ便利でした。

普通のお店はもちろん、小さな屋台のようなお店も、タクシーも電車も全てウィーチャットペイが使えました。

日本ではまだまだ始まったばかりのQRコード型の決済サービスですが、おそらく今後は中国を追随していくのだろうと思います。

ぜひ、数年先の未来を体感したいのであれば、少し損をしてでもウィーチャットペイを使ってみてください。

コメントを残す