コロナウイルス終息後の不景気時代でも個人で稼げるビジネスとは?

コロナウイルスがいつまで続くのか不透明で、不安な毎日を過ごしている人も多いと思います。

どのような形で終息したとしても、一つ言えるのは間違いなく不景気時代がやって来るということです。

企業は稼げなくなり、サラリーマンは給料が下がっていきます。

そうなると、消費が少なくなり、さらに不景気の時代へと突入していくことになるでしょう。

これは、どのような政策を打ち出しても、回避は難しいと言われています。

そこで、求められるのが個人で稼ぐ力です。

では、どのようにすれば個人で稼げるようになるのでしょうか。

不景気こそ個人が稼ぐチャンス

不景気の時代に突入すると誰もが稼げなくなっていきます。

しかし、個人で稼ぐ人も稼げなくなるのかというと、そんなことはありません。

理由は企業の体力がなくなり、ライバルが減っていくからです。

企業として運営していくにはどうしても費用が必要です。

それに比べて、個人は固定費が圧倒的に少なく不景気の時代に強くなります。

もちろん、全体的な消費が減るので、売上自体は減る可能性があるのですが、それでも固定費が少ない分、企業より稼げます。

と言っても、普通にしては個人でも稼ぐことはできません。

その準備をするのが、外出自粛期間中の今なのです。

不景気時代に個人で稼げるビジネスとは?

まず、不景気の時代において稼げるビジネスとは何なのでしょうか。

答えはコンサルタント事業です。

誰しもが不安を抱える時代に突入することで、どんなコンサルタントでも一定の需要が発生します。

他にも宗教やマルチ商法も不景気に強い言われています。

つまり、何かを解決するアイデアの提供や、不安を軽減させる集まり、稼げる仕組み自体の提供が売れるということです。

その中でも、個人で始めやすいのが「何かを解決するアイデアの提供」です。

広告収入からダイレクト課金の時代に

これまで、何かを解決するアイデアの提供というと、ブログ・YouTubeなどがありましたが、それらの収入の柱は広告でした。

しかし、今後は広告の出稿が減っていくと考えられるのでこの方法では稼げません。

では、どうするのかというと、ダイレクトに課金してもらうのです。

ブログやYouTubeでは、5割程度の情報を公開し、残りを知りたい場合は有料でお金を貰うのです。

ただ、情報ごとにお金を貰うのはハードルが高すぎます。

なので、月額で見放題という形が一番、ハードルが低くやりやすいと思います。

また、金額も「思った以上に安い」と印象付けられるような価格が適切です。

一人ひとりから貰える価格は少なくても、多くの会員を集めれば、大きな収益になっていきます。

プラットフォームはどこを使えばいいのか?

動画で配信する場合は、YouTubeのメンバーシップ機能が使えます。

冒頭部分は、一般公開のYouTubeに投稿し、本編のみメンバーシップ限定にします。

価格は様々な金額から選べますが、基本的には500円程度が一般的となっています。

もし、YouTubeが難しければ、ニコニコ動画のプラットフォームを利用するのもいいでしょう。

ブログの場合は、noteのプラットフォームを利用して実現可能です。

WordPressでブログを運営しながら、noteに誘導する方式で稼いでいる人も大勢います。

稼げるようになるまでに

とは言っても、稼げるようになるまでには時間がかかります。

なので、外出自粛期間で時間に余裕のある、今をフルに活用する必要があります。

また、最初から有料でお金を取るのは不可能です。

少なくとも半年以上は、無料で情報を公開してファンを集めましょう。

一定数のファンが集まった段階で、以降発信する情報を有料化することで、マネタイズがスムーズにいきます。

さらに、稼ぎたいのであれば、個別でコンサルタントを募集するのもいいでしょう。

いずれにしても、まずはファン作りが重要です。

ファンを作るためには、質の高いコンテンツを発信し続けるしかありません。

と言っても、最初から質の高いコンテンツを作るのは難しいので、まずは1本でも多くの動画・ブログを作る事から始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す