転職支援サービスは採用されにくいって本当なのか?

転職アドバイザーが担当として付き、転職を支援してくれる転職支援サービスをご存じですか?

大手ではリクルートやマイナビ、パソナ、ビズリーチなどもサービスを展開しており、初めての転職・キャリアアップの転職をサポートしています。

一般的には就職先のあっせん、履歴書など応募書類の添削、面接指導など様々なサポートを無料で行ってくれます。

一人で転職先を探して、書類を書いて、面接を練習するより圧倒的にラクなので利用する人も大勢います。

しかし、この転職支援サービスには一つの落とし穴があります。

それが、採用されにくいという事です。

なぜ、転職支援サービスは採用されにくいのか?

転職支援サービスの収益は企業に人材を紹介することにより紹介手数料を得ています。

つまり、転職支援サービスとしてはとにかく転職を成功させたいと考えています。

なので、少しでも採用されやすい企業に紹介します。

つまり、採用率で言うと採用されやすい傾向になります。

しかし、条件の良い企業への採用率はと言うと、それほど高くないと言えます。

条件の良い企業は採用基準も高い

一般的に条件の良い企業は転職希望者も多く採用基準も高めに設定されています。

これは、通常の応募でも同じと言えます。

しかし、転職支援サービスを利用した場合さらに高くなるケースもあります。

その理由が紹介料金にあります。

紹介料金は成功報酬

通常の求人広告では、広告を掲載した時点でお金が発生します。

つまり、採用できても採用できなくても同じコストがかかるのです。

しかし、人材紹介の場合は採用した段階でお金が発生します。

つまり、良い人材でなければ採用しなければいいのです。

そうすれば、お金はかかりません。

求人広告の場合も良い人材でなければ採用しなければいいのですが、費用が既にかかっているだけあって、一人でも採用したいのが本音です。

そうしないと、人事担当としても次の予算を落としにくいのです。

その結果、少し迷う部分があっても求人広告経由の応募であれば採用してしまうケースもあります。

本当に少しの差ではありますが、条件の良い企業に関しては求人広告から応募する方が採用率が高くなる傾向があるのかと考えられます。

転職支援サービスを利用すると適当な会社を紹介されるのは本当なのか?

転職支援サービスを利用しても適当な会社を紹介されることは稀です。

その理由は、条件の良い企業ほど紹介手数料が高いからです。

なので、求職者の持つ能力のギリギリを紹介してきます。

ただ、あまりにも能力が低い場合は、誰でも受かるような適当な企業を紹介してきます。

しかしそれは、転職支援サービスが悪いのではなく、あなたの能力に問題があります。

今の実力ではその企業しか紹介できないというのが現実なので受け止めましょう。

転職支援サービスは利用してもいいのか?

結論として転職支援サービスは積極的に利用するべきだと思います。

ただし、個人でも転職サイトを見て応募するようにしてください。

そうすることにより、早期に希望に近い形で転職できる可能性がUPします。

転職支援会社からしてみれば、どうしても自分の所で持つ求人を紹介したいという気持ちがあると思います。

なので、しつこい営業が来るかもしれませんが、適度に断りつつ利用できるところは利用すればいいと思います。

結果として、個人で応募した会社に就職したとしても違法でも違反でもありません。

ぜひ、自分にとって最高の転職活動になるように利用してみてください。

コメントを残す