数十年後、ブラック企業はなくなると予想する理由

21 views

世の中は、ブラック企業の増加などで過労死・自殺などが問題となっています。

なぜ、そういったことが起こるのかというと、仕事量が多く、人が足りないからです。

これを改善するためには、仕事量を減らすか、労働者人口を増やすかしかありません。

しかし、労働者人口を増やすことは、人口減少問題を抱えている今、現実的に不可能に近いと考えられます。

そうすると、仕事量を減らすほかありません。

 

仕事量を減らすには

仕事量を減らす方法として一番効率的な事はITやロボットの活用です。

今、人が行っている作業の8割以上はITで代用が出来るはずです。

でも、しないのは初期投資費用が莫大で、長期では儲かっても、短期では儲からないからです。

ですので、大手はともかく、中小企業には高額な初期投資を行ってまで導入出来るわけがありません。

それが、今のブラック企業を生み出している根本的な原因です。

 

中小企業もITを活用する時代が来る

中小企業でも最新の高機能技術が使える時代が来ます。

なぜかというと、数年後には人手不足がさらに深刻化し、高機能なロボットやシステムをパッケージとして安価に売られると予想されるからです。

今は、その会社にあったシステムやロボットを作ることがほとんどなので、カスタマイズ費用が高額になります。

それが、完全パッケージになった瞬間に値段が大幅に落ちます。

これにより、人手不足は解消され、少なくとも過労死問題は、解決に向かっていくのではと思います。

 

人間は何をするのか?

IT化が進むにつれて、人間の仕事は減っていきます。

そうなると、人間は何をするのでしょうか。

おそらく、最終的には監視しかないと思います。

近い未来では、今と同じように人間がロボットを開発したり、新しいアイデアを考えたりする必要があります。

しかし、少し離れた未来では、それすらもコンピューターに任せることが出来てしまうと予想されます。

したがって、人間はそれらのロボットが暴走しないように監視することしか、仕事はないのです。

 

経済は破綻するのか?

ロボットが活躍する時代が来ると、人間はお金を手に入れる手段を失ってしまいます。

たとえ、優秀な人でさえも、コンピューターとの対決に敗れ、職を失うことでしょう。

こうなると、殆どの人は、収入がなくなり、生活できない状況になります。

おそらく、生活をまともに送れるのは、もともと資産を持っている資産家や投資家ぐらいではと思います。

 

社会主義に変えるチャンス

ロボットが活躍する未来では、社会主義国家に変えるチャンスです。

ソビエト連合の時は、失敗してしまいましたが、次はロボットがメインで仕事を行い、人間は生活をするだけなので、みんな平等が実現できます。

マルクスの資本論に、続きがあるとすれば、ロボットを活用した、国家を作り上げることを書いていたと思います。

この方法であれば、監視という同じ仕事をして、同じだけの給料をもらい、同じような生活を送ることが出来ます。

10年や20年では無理かもしれませんが、必ず、ロボットが人間水準の知能や技術を持つ時がくるはずです。

そうなると、本当に社会主義国家が成功すると考えられます。

 

結果としてブラック企業はなくなる

かなり、回り道をしてしまいましたが、タイトルのブラック企業に話を戻します。

社会主義国家で、ロボットが仕事をする世界には、ブラック企業は全く存在しません。

もちろん、ロボット侵略や経済や技術の低迷・競争力の劣ろなど問題はありますが、ブラック企業をなくすことを優先するのであれば、今回ご紹介したシナリオ以外ありません。

今の世界は幸いな事に、私の考えたシナリオになる可能性が極めて高いのが現状です。

従って、ブラック企業は、少し遠い未来には消滅しているはずです。

数年単位の話では進まないですが、私たちが死んだ後の世界にはブラック企業と呼ばれる会社が一つもない事を願っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す