50年後に消滅していると思う都道府県ランキング

皆さんは、都道府県が消えている未来を想像できますか?

「そんな事ありえない」と思う方も多いと思いますが、現実としてあり得ると思います。

日本経済を支えてきた超大手企業でさえ破産の危機を迎えている一方で、自治体も同じような状況にならないとも言い切れません。

また、度重なる自然災害により復興不可能と判断されれば、自治体として成り立たなくなります。

その他にも、日本からの独立や海外からの侵略なども考えられます。

もちろん、可能性としてはゼロに限りなく近いですが、今回は50年後にどこかの都道府県が消滅するとすれば、どこの都道府県が消滅しているのかをアンケートで質問してみました。

 

アンケート結果

回答者の情報

回答者数○100名

回答者男女比○48名:52名

回答者年代○10代:5名、20代:16名、30代:33名、40代:29名、50代10名、60代:7名

アンケート実施日○2017年7月

 

圧倒的に沖縄県が最多に

今回の結果では沖縄県が全体の1/5の票を獲得して1位となりました。

理由として多かったのは基地問題による他国の占領です。

アメリカと敵対関係にある中国が一番欲しい領土は沖縄県でしょう。

その、沖縄県を巡ってアメリカとの全面戦争になり、中国が勝てば事実上、沖縄は中国の領土となるでしょう。

北朝鮮の挑発行為も続く中で、可能性はゼロではありません。

私もこのアンケートを答える側であれば、間違いなく沖縄県を選択していたと思います。

 

鳥取県・島根県は人口が少ないから

鳥取県と島根県がほぼ同数を獲得する結果となりました。

理由は、人口が少ないからが圧倒的です。

二つの県を合わせても人口100万人程度で、都道府県別人口ランキングもワースト1位・2位となっています。

さらに、人口の減少が加速すると予想される中で、50年後には10万人も存在しない可能性も否定できません。

そうなると、鳥取と島根が合併するのはもちろん、岡山や広島に吸収されてもおかしくはありません。

もっと言うと、中国地方全体が一つの県になる日が来るかもしれません。

 

回答者の理由はこちら

沖縄県

20代女性:基地問題、中国との対立などで独立していそうだから

20代女性:占領されていそうだから

30代男性:地震による津波で沈没すると思うから

40代男性:台風などの自然災害が多そうだから

50代女性:地球温暖化の影響で水没する可能性があるから

60代女性:中国の覇権主義により中国領となっている可能性が大きいと思うから

 

鳥取県

30代女性:名所や名物の数が少ないように感じるから

40代女性:あまりメジャーではないイメージだから、隣県の島根と統合されてそう

40代男性:最も人口が少なく、更に減少傾向があるから

40代男性:鳥取と島根が合併して一つになり、県の名称が変わるか、島根に吸収されるかのどちらかで、一応島根は、出雲大社とか世界遺産の石見銀山もあるので残りそう

40代男性:県民所得が低く過疎化が激しいからです。

 

島根県

20代女性:人口が減少している都市が多いから

20代男性:鳥取県を上回る勢いで人口が減少していると聞いたから

30代女性:以前テレビ番組で過疎化が進み、人口が大正時代を下回っていると見た事があるから

30代男性:過疎化が進んでいると思うから

 

北海道

20代女性:どこかの国に侵略されていそうだから

30代女性:日本列島から離れていき最終的には無人島になっていくか沈んでしまいそうだから

30代女性:分割されそうな気がするから

40代男性:人口の減少が激しいから

50代男性:働く場所がなくなってきているから

 

佐賀県

30代女性:住むメリットが思い浮かばないから

30代男性:特産物などもスグに思い浮かばないから

40代女性:長崎に行く人が多く通過点状態なので、いっそのこと合併してしまいそうな気がするから

40代男性:あまり観光地と呼べる場所が思い浮かばないから

 

福島県

30代女性:原発事故があったから

30代女性:原発廃炉後は緑豊かな自然公園と歴史的遺産になりそうだから

40代男性:原発事故もあり、新規で住みたいと思う人が少ないと思うから

50代男性:放射能汚染問題が解決できないと思うから

コメントを残す