日本の借金は、どのくらい酷い状態なのか?

20 views

あなたは日本政府の抱える借金が1000兆円を超えている事実をご存知でしょうか。

これは国民一人当たりにすると800万円以上の負債を負っている事になるそうです。

と言っても、日本政府が国内の金融機関や企業、個人から借りている状態なので、決してあなたに借金があるわけではありません。

というより、皆さんの預けている預金などで国債が間接的に買われているので、預金残高にもよりますが、あなたが国にお金を貸している状態かもしれません。

しかし、このままでは日本政府の借金は膨らみ続け、いずれは国として機能しなくなります。

そのためには、国民がまず国の財務の状況を知る必要があると思います。

 

現在の国の財務を家計に例えると

財務省が国の財務を家計に例えた説明動画がありましたので、ご覧ください。

動画からも分かる通り、収入よりも支出が大きく上回っており、その不足分は全て借金で補っています。

そうやって、常に借金を増やしており、返済の目処が立っていません。

 

1000兆円も借金があるのに破産しない理由とは

では、どうして1000兆円もの借金が存在するのに、国は破産しないのでしょうか。

これも家計に例えると、借金は1億円あったとしても、家の価値が5000万円あると考えてみて下さい。

実際は、家ではなく株や土地などを持っており、それらを全て現金化する事ができれば500兆円を余裕で超えると言われています。

なので、実質の借金は500兆円程度だという事です。

また、国は一般家庭と違い、お金を作り出す能力を持っています。

家計に例えると、お父さんがお札をコピーして、それを合法的に使えるチートを持っている状態です。

なので、いざとなったら、500兆円分のお札をコピーして、返済すれば、借金は無くなります。

現段階では、それをする必要もないですし、その事実が公に出てしまうと、増税が出来なくなるので、国からすればデメリットばかりです。

ただ、本当に政府として危ない状況になれば、紙幣の発行枚数を急激に増やしてくるかもしれません。

 

今後の日本はどうなってくのか?

いくら、日本には資産があったり、お金を生み出すチートがあるとしても、この借金は異常です。

なので、確実に減らしていかなければなりません。

そのためには、増税が必要不可欠です。

また、脱税の把握も必要になってくるでしょう。

そのために出来たのがマイナンバー制度です。

これにより、国民のお金の流れを完璧に把握する事が出来、脱税の可能性を極めてゼロに近づける事が可能です。

初期投資こそは、莫大ではありますが、1000兆円の借金を返すためには、長期的に見ていくしかありません。

日本に生まれてしまったからには、この借金に向き合わなければならないという事です。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す