出勤前に「スタバコーヒーを買う人はバカ」と言われる理由とは?

あなたの周りにスターバックスのコーヒーを片手に出勤している人はいませんか?

おそらく、朝ごはんの代わりにオフィスで仕事をしながらコーヒーを飲むという人も多い事でしょう。

特に大企業ならフロアに一人はいるのではと思います。

しかし、残念な事にスタバコーヒーを片手に出勤する人は周りからバカ呼ばわりされているかもしれません。

なぜ、オシャレの代名詞でもあるスタバコーヒーを持っている事がバカになるのでしょうか。

 

①毎日500円でも月10000円の出費

コンビニのコーヒーであれば、一杯100円から購入できるので20日出勤とすれば2000円の費用がかかります。

正直、これであれば、朝ごはんよりも安いのでいいですが、スターバックスとなると話が変わります。

安くても500円ぐらいはするので、毎月1万円がコーヒーで消えていきます。

年間にすると、12万円もの大金となり、ブランド品や国内旅行も楽しめちゃう金額です。

年間12万円をコーヒーに使って、それだけの見返りがあるのであれば、問題ありませんが、大抵の人はないでしょう。

なので、いくら美味しいやオシャレだからといって、スタバなど高いコーヒーを買ってオフィスに行くのはお勧めしません。

 

②誰も見ていない

自分ではスタバを持っている自分=オシャレみたいな感覚にあるかもしれませんが、正直なところ誰も見ていません。

たとえ、見ていたとしても冒頭で説明したように「バカだな」と思われているくらいです。

とは言っても女性ならまだ理解できますが、同じビルのよくすれ違う人で、男なのにスタバコーヒーを持って出勤している人もいました。

正直、この時はドン引きです。

容姿が整っているのであれば、かろうじて許せますが40歳前後のおっさんともなると本当にバカで愚かだなとしか思えませんでした。

たまにであれば、問題ありませんが毎日であれば、誰もいていませんし、金銭的ピンチだとしても周りの目を気にしてやめられないので、それだったら初めからやらない方がマシです。

 

③場所代を損している

スタバやカフェなどではドリンク代に場所代も含まれています。

なので、お店でPC作業や読書など多少長居しても、ほとんど注意されることもありません。

しかし、オフィスに持ってきているということは、単純に場所代を捨てているようなものです。

言ってしまえば、カモ客です。

スタバの原価などたかが知れており、ほとんどが場所代だと言っても過言ではありません。

なので、コーヒーのお持ち帰りは安いコンビニコーヒーで十分なのです。

 

④出来立てが一番美味しいのに飲めない

どんな物も出来立てが一番美味しいと感じるのは当たり前のことです。

しかし、スタバコーヒーをお持ち帰りして、オフィスに到着するまでに少なくとも5分以上はかかると思います。

そして、そこから朝礼をしてとなると、飲む頃には冷えかかっているという事も少なくありません。

安いコンビニコーヒーであれば、多少冷めてても問題ないですが、一杯500円以上のスタバコーヒーは冷めては台無しです。

どうしても、スタバコーヒーをオフィスで飲みたいのであれば、保温性のあるタンブラーに入れてもらいましょう。

間違ってもオシャレだからと言って、保温性が皆無のオシャレタンブラーだけは選ばないように注意ましょう。

 

以上が、スタバコーヒーをオフィスに持ってくる人がバカだと言われる理由です。

こう見てみると、確かにバカだと思う人も多いのではないでしょうか。

改めて言いますが、スタバコーヒーが悪いわけではありません。

しかし、オフィスに持ち込むにしては、少々高級すぎるという事です。

決して、スタバコーヒーを批判しているわけではありませんので、ご了承ください。

コメントを残す