なぜ、人は走るのだろうか?

皆さんはランニングをする事がありますか?

私は中学生の頃から陸上をしてきた事もあり、それ以降、ランニングが趣味になりました。

ただ、走る事自体はあまり好きではなくて、中学生の頃も毎日が嫌で何度も辞めそうになりました。

しかし、結局3年間は陸上部を辞める事なく終え、高校に入ってからも部活には入りませんでしたが、趣味としてランニングを続けていました。

私のようにランニングを趣味としている人は多く、ざっくりとした推定でも日本に800万人以上はいると考えられています。

どうして、こんなにも多くの人が走るのでしょうか。

 

正直なところ楽しくない

ランニングは他のスポーツと違って遊びの要素が少ないスポーツです。

なので、楽しいかと言われると正直、そんな事もありません。

走っている最中は辛いですし、走った後も息が切れて辛いです。

また、ほとんどの場合は一人で走るのでコミュニケーションもありません。

人によっては楽しいと感じている人もいますが、少なくとも私はこれまでに一度も感じたことはありません。

 

別の目的がある

では、なぜ走るのでしょうか。

多くの場合は、走る目的があるからです。

例えば、私の場合ですと体力の維持が主な目的です。

年々、体力が落ちてきている事は実感しているので、もし走るのを辞めるとさらに体力が落ちるのは目に見えています。

そうなると、仕事にも支障をきたし、日常生活での行動も遅くなってしまいます。

他にも、ダイエットや音楽を聴く、街の景色を見るなどが目的にある人もいるでしょう。

もっと言うと、ただの移動手段としてランニングしている人もいます。

本当に楽しいと思ってやっている人もいますが、多くの場合は別の目的がほとんどです。

 

どうすれば続けられるのか?

誰もが一度くらいは何らかの目的のために走ろうと考えた事があるはずです。

しかし、実際は続かない人がほとんどで、1週間以内に辞めてしまう人も大勢います。

そんな時は、もっと大きな目的を作ることをお勧めします。

例えば、痩せるが目的ではなく痩せて告白をするや、高いスポーツウェアを買いそれを無駄にしない等であれば、意外と続くものです。

恋愛やお金が絡むと人は、不思議な力を発揮します。

私も陸上を始めた当初は中学生という事もあり、恋愛のことしか考えていませんでした。

もし、ランニングを始めたいと考えているけど、続ける自信のない人は、人の欲求を利用した目的を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す