NHKと名乗る会社が2社もある!? ほとんどの人が知らない意外な事実4選

私は「物知り」だと思っていても、世の中には意外と知らない事が沢山存在しています。

そこで、今回は知らなくても別に困る事はないけれど、知っていればどこかで役立つかもしれない事を4つご紹介していきます。

 

① 雪見だいふくは季節限定商品だった

ロッテアイスが発売する大人気のアイスクリーム「雪見だいふく」は冬季(9月〜2月)限定商品だった事をご存知ですか。

季節関係なく売っているイメージが強いですが、一番スタンダードな2個入りの「雪見だいふく」は、冬しか売っておらず、夏にアイス売り場を見渡しても、「ミニ雪見だいふく」や似ている商品しか存在しません。

しかし、季節限定商品だった事が、あまりにも世間に浸透していない事実を「ロッテアイス」が知ったことから、2018年4月より通年発売に切り替わっています。

なので、現在は通年を通して雪見だいふくが手に入る環境となりました。

 

② 官房長官は毎日2回記者会見を開いている

大きな事件や出来事があると、内閣官房長官が記者会見を行なっている姿がニュースで流れますが、実は毎日行われています。

しかも、午前と午後の2回行われており、この様子は首相官邸のHPからもご覧いただけます。

「そんなに開いて話す事があるのか?」と思われる人も多いと思いますが、実際その通りで、特に大きな報告がない時は、冒頭から記者の質問を受け付けるだけです。

 

個人的には見ていて面白い部分もあるので、意外と好きなのですが、1日2回は多いとの声もあり、今後は削減する事も検討しているそうです。

 

③ 日本放送協会以外にもNHKと名乗る企業が存在する

NHKと言われると、公共放送である日本放送協会の事を思い浮かべる人がほとんどですが、他にもNHKを名乗る企業が存在します。

それが、日本発条株式会社です。

通称「ニッパツ」と呼ばれており、自動車の懸架ばねで世界シェア第1位の東証一部上場企業です。

NHKと名乗ったのは日本発条の方が早く、NHKが後から許諾を得て利用しているそうです。

もし、これが逆であれば、おそらく日本放送協会は許諾していないだろうと思います。

さすが、世界一のシェアを誇る企業は器も大きい!!

 

④ 猫にフラッシュを使うと失明する

空前の猫ブームで猫の写真集までもが発売される現代では、趣味で猫を撮影している人も多いのではないでしょうか。

多くの場合は、明るい場所で撮影しているので大丈夫だと思いますが、少し暗い場所で撮影する時は注意が必要です。

理由は、猫にフラッシュを使うと失明してしまう可能性があるからです。

医学的には、一回のフラッシュで失明をする事は少ないようですが、悪影響な事は間違ありません。

使っているカメラやスマートフォンによっては、自動でフラッシュが使われるモードになっている場合もありますので、猫を撮影する時は注意してください。

 

以上、役に立つ事は少ないけど、意外とみんなが知らない雑学でした。

ぜひ、話のネタに使ってください。




コメントを残す