結婚の準備資金として300万円を現実的に貯める方法

アナタは結婚の予定がありますか?

今は「ない」としてもいつかはするはずです。

結婚には何かとお金がかかるもので、一般的な儀式をしようと思うと夫婦で400万円~600万円程度必要になります。

もちろん、もっと抑えた形でも可能ですが、一生に一回の結婚ですのでここをケチっても仕方ありません。

そして、結婚資金の多くは夫婦で折半という場合が大半です。

つまり、男女ともに300万円プラスαを用意しないとなりません。

そこで、今回は20代の男女が本気で300万円を貯める方法をお教えます。

 

1か月でどれくらい貯める必要があるのか

まずは、1ヵ月でどれくらい貯金できれば300万円という数字が現実になるのかを見てみましょう。

男女ともに28歳に結婚をするとして、現在の年齢別の1ヵ月の貯金額を出してみました。

いくら、年齢を重ねるごとに給料が増えていくとしても、現実的に可能なのは23歳の5万円程度だと思います。

つまり、28歳に結婚をしたいのであれば、23歳の誕生月から貯金を始めなければ、計画通りいかないという事です。

もし、23歳の誕生月を過ぎてしまっている人は、今からでもすぐに始める事をお勧めします。

 

手取りが20万円 一人暮らし(23歳)

23歳の一般的な給料は、総支給が25万円程度の手取りが20万円前後だと言われています。

今回は手取りが20万円の人をモデルに1ヵ月の出費例を考えてみました。

1ヵ月の出費例

家賃・・・56000円

光熱費・・・10000円

通信費・・・10000円

食費・・・30000円

趣味・・・20000円

美容・・・15000円

その他・・・9000円

貯金・・・50000円

かなり、難しい内訳ではありますが、将来の事を考えると仕方ありません。

もし、これで難しければ、一人暮らしを諦めるか、家賃をさらに抑えるしかありません。

家賃については、都心から離れれば、もっと安い所もあります。

拘らなければ4万円でも十分だと思います。

 

手取りが20万円 実家暮らし(23歳)

次に、実家暮らしの場合の出費例を考えてみました。

1ヵ月の出費例

家に入れるお金・・・30000円

通信費・・・10000円

趣味・・・30000円

車関連・・・50000円

美容・・・15000円

その他・・・15000円

貯金・・・50000円

こちらは、かなり余裕のある内訳となりました。

正直、実家暮らしの場合は、5万円どころか、7万円ぐらいの貯金は余裕です。

もちろん、趣味を我慢したり等、苦しい部分はありますが、将来の為です。

 

結婚の準備資金は最悪100万ぐらいあればなんとかなる

貯金がないけど、結婚はしたいという人でも大丈夫です。

正直なところ、結婚資金については親からの援助やお祝いなどを利用するれば100万円程度の予算でも、それなりに出来ます。

もちろん、盛大にやりたいのであれば600万円程度あった方が良いですが、今は昔と異なるので、そこまで正式にする必要はないと思います。

ぜひ、諦めずに自分の出来る範囲で一生の思い出を作ってください。

コメントを残す