低所得から脱出する方法

どんなに頑張っても低所得から抜け出せないという人いますよね。

具体的に低所得とは、年収300万円未満の人を指すようで、月収に換算すると21万5000円未満であれば低所得になります。(ボーナス2か月分含む)

そんな人たちが低所得から脱出する方法は一つしかないと考えています。

しかし、現実を見てみると、低所得である事を諦めているかのように何も行動しようとしません。

ずっとそのままでいいなら動く必要はないのですが、大半の人は違うと思います。

もっと収入を増やしたいでしょうし、お金持ちになりたいと願っているはずです。

そこで、今回はどうすれば低所得から脱出でいるのか解説してみました。

給料が高い職業に転職する

収入の9割が仕事内容によって決まります。

どんなに優秀な人であっても、町工場の作業員では年収1000万円など稼げるわけがありません。

逆にどんなに仕事が苦手であっても、教員の仕事をしていれば、それなりの生活が出来るレベルで給料がもらえます。

つまり、給料とは職業によって決定されるという事です。

今の仕事の限界値を知る

仕事を変えると言っても、そう簡単にできない人も多くいます。

その結果、低所得のまま我慢してしまっているのですが、転職が難しいことは私も十分知っています。

だったら、今の仕事の限界値を知りましょう。

上司の給料、さらに上の上司の給料をなんとなく教えてもらえば、あなたの限界値が見えてきます。

その金額に満足できるのであれば、そのまま残って成果を出せばいいのです。

もし、その金額では満足できないのであれば、すぐに転職を考えましょう。

未経験でも稼げる仕事とは?

今の仕事で満足いく金額をもらえないのであれば、転職するしかないのですが、スキルが無ければ、中々給料UPの転職は難しいのが現実です。

しかし、未経験でも給料が上がる職種もあります。

それが営業職です。

出来高に応じて、給料が大幅に変動する営業ですが、最低限の給与は保証されているので、それほどリスクではありません。

特に不動産営業では取引金額が大きい分、出来高報酬の部分も大きくなってきます。

ほとんどの場合、未経験でも始められるので狙い目の仕事と言えます。

営業をやりたくない場合

営業はやりたくないけど、給料は上げたいと言うとワガママな人も多いと思います。

私もそのタイプでいくら給料が良くなると言っても営業職はやりたくない派です。

しかし、これと言ってスキルもないため、どうしようもありません。

そんな時の選択肢がスキルを身に着けるという事です。

近年は、短時間でスキルを身に着けられる教育プログラムが沢山あります。

その中でもエンジニア育成プログラムは、給料UPも見込める最高のプログラムと言えるでしょう。

さらいに言うと、ほとんどの教育プログラムで就職支援もしてくれます。

提携している企業を紹介してくれるので、大手ベンチャー企業など知名度の高い企業に就職できる可能性も高くなります。

費用もそれほど高いものではないので、ぜひ興味があれば探してみてください。

エンジニアなら独立もできる

とは言っても、企業に所属していれば給料の限界はあります。

どんなにいい給料をもらったとしても、年収2000万円が限界だと思います。

しかし、エンジニアならスキルを活かして独立もできます。

自社サービスを作って当たれば、サラリーマンが生涯で稼ぐ収入を1か月で手に入れる事も出来ます。

それだけ、エンジニアには夢があります。

「着実に稼ぎたい」・「夢を見たい」のどちらも叶えてくれるのがエンジニアです。

無料でプログラミングを学べる0円スクールとは?

プログラムを学ぶと言ってもお金がかかります。

スクールに行ったり、本を買ったりと技術習得には必ずお金がかかるのですが、0円スクールを利用すればタダで技術を学べます。

しかも、人気の高いJavaなので実際の開発現場でも十分使えます。

途中でやめても違約金などは発生せず本当に無料で受講できます。

なぜ、無料なのかと言うと明確には記載されていませんが人材紹介で儲けるのだと思われます。

つまり、就職先が見つかるチャンスもあると言う事です。

是非興味がある人は一度、説明会を受けてみてください。

コメントを残す