集中力が続かない人に試してほしいこと5選

皆さんは、仕事や勉強など、作業をしている時に集中力が続きますか?

僕の場合、仕事中はなんとか集中力を保ちながら作業できるのですが
副業をしている時は、ひとりぼっちということもあって、なかなか集中力が続きません。

ひどい時には、5分に1回はスマホを見てしまうこともあります。

おそらく、皆さんも僕と同じように作業をしなければいけないのに、スマホに時間を奪われてしまったという経験があるんじゃないでしょうか。

この記事では、僕のように集中力が続かない人でも、集中力を保って効率よく仕事や勉強ができるようになる方法を紹介するので、ぜひ最後まで見てもらえればと思います。

集中力が続かない時を想像してみるとどんな時が多いですか?

多くの場合が、乗り気ではないこと、そんなにやりたくないことをやっている時だと思います。

逆に集中力が続く時はというと、自分の好きなことをに熱中している時です。

僕の場合だと、好きなユーチューバーの動画を見ている時や、スマホでゲームをしている時は、時間を忘れるぐらい集中しています。

これが、副業の作業中にも出来れば良いのですが、そう簡単にはできません。

ただ、コツさえ掴めば、副業の作業中でもゲームをしている時と同じぐらい、集中力を保つ事ができます。

もちろん、副業だけでなく、仕事中にも使えるコツもあります。

それでは、僕が実際にやっている集中力を保つコツを5つ紹介します。

1、タイマーをセットする

定番といえば定番ですが、僕は副業をする時、必ずタイマーをセットしています。

具体的には30分間のタイマーをセットし、それが鳴るまで、どんなにスマホを触りたくなっても、作業をするようにしています。

こうすることにより、無意識のうちに集中力が途切れているということはありません。

ただ、あまりにも長い時間をセットしてしまうと、途中で挫折してしまいます。

僕の場合は、30分ぐらいがちょうど良く、30分経ったら、一度休憩を挟んでいます。

もし、30分経った段階で休憩しなくても、まだまだいけると思ったら、その時はエンジンがかかっているので、休憩を挟まず、さらに30分延長します。

最初は、タイマーをセットしても誘惑に負けてしまうこともありますが、続けていくうちに徐々になれて来ると思います。

2、作業動画を見ながら作業する

僕は一人で作業をするのが苦手で、誰かが一緒に頑張っていると思うと、作業に集中できます。

なので、仕事ではオフィスに必ず誰かいるので、副業に比べて集中力が続きます。

しかし、副業の場合は、家でやる事が多いので、どうしても一人で作業をしなければいけません。

そういった時に使えるのが作業動画です。

作業動画とは、無言で編集作業をするユーチューバーの動画です。

トークをしながら編集をしている動画もありますが、僕のおすすめは完全な無音の編集です。

キーボードやマウスの音だけが流れてくる動画ですが、画面の向こうで人気ユーチューバーが頑張っていると思うと、自分ももっと頑張らなければという思いになり、集中力が続きます。

それをスマホで流しながら見ると、スマホも触れなくなるので、さらに集中できます。

雑音が気になるという方には、お勧めできませんが、多少の雑音があっても集中できるという方にはお勧めの方法です。

3、作業前に運動する

作業前に運動をすると疲れて、余計に集中できないのでは?と思うかもしれませんが、運動をする事で集中力をアップさせる事ができるというデータがあります。

僕の場合は、集中力が切れたら、少しだけランニングに出かけ気分転換をしています。

といっても、近所を2〜3キロ走る程度の軽い運動なので15分ほどで帰ってきます。

運動をした後は、自分でもビックリするぐらい集中力が続きます。

また、作業内容で悩んでいたことも、ランニング中に解決することもあります。

座りっぱなしでは血行も悪くなるので、健康面においても作業前の運動はおすすめです。

4、カフェで作業をする

どうしても集中力が続かない時はカフェに行って作業をしています。

カフェに行くとお金がかかってしまうので、本当は行きたくないのですが、家でやるより何倍も集中力が続くので月2回ぐらいの頻度で利用しています。

集中力が続く理由は大きく二つあり、1つ目が「同じように作業をしている利用客が多いから」です。

「作業動画を見ながら作業する」でも話した通り、僕の場合は周りが頑張っているのを見ると「自分も頑張らなければ」という思いから集中して作業することができます。

そして、2つ目の理由は「お金がかかっているから」です。

僕の場合は、スタバを良く利用するのですが、1杯500円程するので、「これの元を取らないと!」という思いで集中力が続きます。

安いカフェでも良いのですが、自分を追い込むためにも、少し高めのスタバを利用するようにしています。

5、思い切って休む

集中力が続かない時は思い切って休むことも大事です。

僕も、どうしてもやる気が出ない時は、頑張らないで休みます。

無理に頑張ろうとしても、良い作業はできませんし、疲れている時に頑張っても、体を壊してしまうだけです。

これは、仕事でも同じで、うまくサボることも大事だと思っています。


仕事をサボるとなると、罪悪感が出るかもしれませんが人間の仕組み上、1日の労働時間である8時間、ずっと集中しつづけることはほぼ不可能です。

ただ、あからさまに休んでしまっては、周りの目もあるので、上手にサボる力が必要です。

仕事内容によってサボり方も違うと思いますが、メリハリをつけて働けば頑張り続けるよりも効率良く仕事も捗ると思います。

以上が集中力を保つために僕がやっていること5選です。

集中できる環境は人それぞれなので自分に合った、効率良く作業できる空間や状況を見つけるのが集中力アップへの近道かもしれません。

基本的には僕が副業での作業の時に使っている内容なので、仕事中には使いにくいコツもあったかもしれませんが少しでも参考になればと思います。

コメントを残す