南国フルーツ以外の美味しい宮崎料理はこれだ!!

10 views

南国のイメージが強い宮崎県は、やはり南国らしい食べ物が多いイメージを持たれるかもしれません。

マンゴーなどフルーツが代表格でしょうが、それ以外にも美味しいグルメはたくさんあります。

そんな宮崎県内の美味しい食べ物についてまとめてみました。

 

チキン南蛮

もはや全国区にもなっているチキン南蛮は、宮崎料理の顔と言っても良いでしょう。

鶏肉の唐揚げにタルタルソースがかかっており、唐揚げ自体は大きく非常に食べ応えがあります。

唐揚げに甘酢、そしてタルタルソースが基本形でしょうが意外とバリエーションは様々です。

例えば県内の老舗でも、ずっとタルタルソースを使っていないという場合もあります。

実はチキン南蛮の発祥と言われている延岡市の「直ちゃん」は、見た目はチキンカツそのものです。

世間では「おぐら」が発祥の店扱いされる事もあり、それは一般的なタルタル+甘酢の形が初めて生まれた場所だからです。

諸説あるものの、チキン南蛮は延岡生まれ料理だという事は一貫して認定されているようです。

どれが本当のチキン南蛮というのは決めきれるものでも無く、現在では「とり天」のような薄い味付けのものにタルタルをかけたり、あるいはマヨネーズを使ったりしてバリエーションに富みます。

専門店は延岡だけでなく宮崎市や県内に沢山あるので、観光の際には好みの店を選んで味わってみるのも良いでしょう。

 

地鶏炭火焼

宮崎は鶏料理が非常に人気で、チキン南蛮と並んで人気ご当地グルメとなっているのが「地鶏炭火焼」です。

地鶏を豪快に炭火で焼き上げ、見た目は真っ黒になっている部分もありますがこれが良いんです。

比較的新しい品種「宮崎地鶏」のモモ肉がよく使われ、食べ応えのある食感と歯ごたえが特徴です。

これはジューシーさを感じながらも、コリコリ感も味わえる地鶏炭火焼にはピッタリの鶏肉と言えるでしょう。

地鶏炭火焼は宮崎県内の居酒屋で広く提供されており、チキン南蛮や宮崎地鶏の焼き鳥も一緒に楽しめる事も多いです。

味付けは塩系ですが、炭火の風味が感じられてそれ以上に深い味の印象を受けるでしょう。

店によってはキャベツ、もしくは宮崎の代表的野菜ピーマンを添えられています。

ぜひとも本場の地鶏炭火焼の香りや食感を楽しんで欲しいと思います。

 

レタス巻き

名前だけ聞くとレタスで何かを巻いているか、手巻き寿司のようなものを想像するかもしれません。

これは一般的なスーパーや回転寿司でおなじみの「サラダ巻き」と同じもので、実は宮崎市が発祥だと言われています。

他県に広まった際に、各々に具材などアレンジが増えて「サラダ巻き」と呼ばれるようになりました。

そもそも巻き寿司にマヨネーズという発想は当時には無く、現在ではサラダ巻きや手巻き寿司でもお馴染みですがそもそもこのアイデアは宮崎で生まれたのです。

さらに言うとそのアイデアはカリフォルニアロールなどいわゆる「ロール寿司」にも活かされ、海外へも羽ばたいていったのです。

発祥の店「一平寿司」のレタス巻きはレタス・エビ・マヨネーズを巻いているだけですが、非常に気品を漂わせます。

一般的にはカニかまやきゅうりが手に入りやすく、具材として広く親しまれています。

宮崎県はきゅうり生産量日本一という事もあり、レタスとともに定番の具材としてかなりの確率で使われています。

 

宮崎県は南国っぽい県という印象を持たれ南国フルーツも確かに有名ですが、ここまで見てきた通り肉や野菜なども非常に豊富です。

チキン南蛮のような代表格グルメがあったり、サラダ巻き(レタス巻き)のように「えっ、それも宮崎料理?」というものもあります。

自宅でも簡単に作れる料理も多いですし、観光でも自宅でも是非とも宮崎の味を楽しんでみて下さい!



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。