時間がない!! 簡単な解決方法

21 views

皆さんの日々の暮らしには余裕がありますか?

私は、つい最近まで時間が足りないと思って生きてきました。

しかし、あることを実践する事で、時間に余裕ができ、かなりゆとりある生活が送れていると感じます。

今回は、私がゆとりある時間を増やすために行ったことをご紹介したいと思います。

 

二度寝をやめる

今までの私は、必ずと言っていいほど、二度寝、三度寝、四度寝ぐらいまでしていました。

もちろん、休日も同じで、最終的に起きるのはお昼直前という事も珍しくありませんでした。

そこで、自分の中で、ルールを決めて、午前4時以降に目が覚めた時は、一旦ベッドから離れるようにしました。

離れた後に靴下だけ履き、それでも眠気が襲ってくる場合は、ベッドに入ってしまうと本格的に寝てしまうので、椅子に座りながら仮眠をとることにしました。

仮眠の時間は長くても30分程度ですが、これだけでも、すっきりした気持ちになれます。

その結果、朝の時間にゆとりが出来て、帰宅後にやるブログの執筆や、やり残した仕事、読者などに時間を充てる事が出来ています。

 

時間がない原因を考える

もし、あなたの時間が足りない理由が私と同じく、二度寝であるのであれば、上記のように二度寝をやめれば解決する事ができます。

しかし、二度寝もしていないけど、時間がないという方も多い事でしょう。

そういう方は、そもそも時間がない原因を考えて見ましょう。

例えば、「通勤時間が長い」のであれば、引越しをすれば解決ですし、「残業が多い」のであれば、転職を考える必要があります。

このように、原因を考える事で必然的にやらなければならない事が浮かび上がってくるはずです。

 

原因が思いつかない

いくら、考えれも原因が思いつかないという事もあるでしょう。

そういう時は、分刻みで、やってきたことを記録しましょう。

そうする事で、無駄な時間を過ごしている事が明らかになります。

例えば、食事に1時間もかかっているのであれば、完全に食べるのが遅いという事です。

お風呂に1時間かかっているのであれば、完全に長風呂のしすぎです。

こういった気がつかない事に気づかせてくれるのが、記録です。

面倒かもしれませんが、1週間ぐらい記録を続ければ、少なくとも5時間ぐらいは無駄な時間を過ごしているはずです。

その無駄な時間を有効に活用する事で、時間がないという現象を回避できます。

もちろん、無駄な時間も含めて必要な事もありますが、記録を見返すと明らかに無駄と感じる部分あります。

そう行った部分を趣味の時間に充てたり、休息の時間にする事で、少しでも心地よい人生が送れるのではと思います。

ぜひ、無駄に過ごしている時間を探すことから始めて見てはいかがでしょうか。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す