モバイルバッテリーを忘れた時に使えるサービスとは?

「モバイルバッテリーを忘れてしまった」ってこと結構ありますよね。

そんな日に限って、スマホの充電の減りが早いなんて最悪な経験もあるんじゃないでしょうか。

普通であれば、簡易的なモバイルバッテリーを購入して凌いだり、スマホを我慢するのですが、今はモバイルバッテリーを貸してくれるサービスがあります。

ChargeSPOT(チャージスポット)とは?

ChargeSPOTとは海外、特に中国では当たり前のサービスとなっているモバイルバッテリーのレンタルサービスです。

1時間150円、48時間まで300円でレンタル出来るので、忘れたからと言って無駄に2000円近く出して新しいモバイルバッテリーを購入する必要が無いのです。

最近では、あえて重たいモバイルバッテリーを持たず、充電がヤバそうな時だけレンタルするという使い方も増えているようです。

全国どこでも返せる

ChargeSPOT のメリットは、全国どこでも借りる事が出来て、どこに返してもOKな事です。

例えば、旅行先の京都で借りて、自宅のある東京で返すことも出来ます。

これは、本当に素晴らしいサービスでモバイルバッテリーの充電を忘れてた時は、諦めて ChargeSPOT を利用するようになりました。

結構な頻度でモバイルバッテリーの充電を忘れてしまっているので本当に助かっています。

その場で充電が終われば、現地で返しちゃいますが、終わらない時は電車に持ち込んで自宅近くのスポットで返しています。

充電満タンで手に入る

もう一つのメリットが常に充電満タンの状態でモバイルバッテリーが用意されている事です。

街の家電量販店で購入する場合は、放電などによって充電が満タンでない事があるので、購入してもあまり充電できないと言う事が結構あります。

ChargeSPOT は常に専用の機械に接続されており、充電されている状態なので心配不要です。

使える機種は?

モバイルバッテリーには3種類のコネクターが装備されており、iPhone・Android()・USBtypeCの充電が可能です。

ただし、同時に2台の充電は出来ないので、2台以上を一度に充電したい場合は台数分を借りるしかありません。

ちなみにバッテリー容量は5000mAhなのでスマホ2回分ぐらいと考えて下さい。

無くしても2280円だから安心!

紛失してしまった場合の罰金は2280円になります。

これだったら、無くしても安心ですね。

また、レンタルから168時間が経過した時点で紛失時と同じ料金が課金されます。

つまり、168時間レンタルすれば返す必要が無いと言う事です。

デザインは特殊ですが、モバイルバッテリー自体は普通で、再充電も可能な仕組みなので普段使いにも利用でいます。

何だったら、3種類もケーブルが付いているので、市販の物より便利かもしれませんね。

バッテリー容量的にも普通なので、欲しい人はあえて返さないのもありかもしれません。

ただ、あくまでも中古なので若干割高ではありますが。

気になる方はアプリをダウンロードしてみてください。

もちろん、ダウンロードだけならお金は掛からないのでいざと言う時に使えます。

https://chargespot.jp/

コメントを残す