お腹が鳴る症状を少しでも抑える方法!!

37 views

テスト中や会議中など、静かな環境でお腹が鳴ってしまい恥ずかしい経験をした事がある人は少ない事でしょう。

私も男ですが、テスト中の雰囲気でお腹が鳴ってしまった事が何度もあり、恥ずかしい思いをしています。

また、自分が鳴っていなくても、周りの子が鳴っているのを聞くと自分の事のように恥ずかしくなってしまいます。

そこで、今回は少しでも抑える方法をいくつかご紹介していきます。

 

音の発信元を強く押す

一般的にあの音は、空気が振動する音だと言われています。

特に空腹時は、胃に空気が貯まりやすい状況となるため、空気の振動が大きくなります。

その結果、外まで聞こえる音になるのです。

ですので、空気の振動を小さくするために、音が鳴る場所を強く押さえ空気の振動を止める事が有効的です。

ただ、ポイントを間違えると、逆に音が大きくなる可能性もあるので、注意が必要です。

 

空気を出す

空気を出す方法としては、口からとお尻からの2通りがあります。

しかし、テストや会議の場では、お尻から出すことはリスクが大きすぎます。

ですので、口からゲップで出すことが適切かと思います。

ただ、ゲップを自在に操れる人は少ないと思いますので、そういう場合は、これ以上の悪化を抑えるために、空気を吸い込む量に気を付ける事が大事です。

 

手などを傷みつける

手先や親指の間などを爪を立てて、傷みつける事で気が紛れて、お腹のなりを抑えることが出来ます。

個人的に一番使う手法で、本当に効きます。

ただ、やりすぎると、血が出てくることもあるので、そこは控えめにしましょう。

おそらくですが、傷みつけることで静まった空気へのストレスが改善され、腸の動きや空気の動きが、和やかになるのだと考えられます。

ですので、痛い事に対してストレスを感じやすい方は、逆効果になる可能性もあるので、実験をしてから実施することをお勧めします。

 

とにかく遊ぶ

会議では使えませんが、テストであれば、とにかく裏面や問題用紙を使って落書きをしてみてください。

例え時間がなくても、おなかの事を解決しない限り、解答に集中できないと思います。

ずっとなり続けることは、相当まれな事だと思いますので、一旦諦めて、鳴り終わるのを待ちましょう。

きっと、落書きに集中している間に、波は去っているはずです。

ただ、落書きに集中しすぎて、全く解けなかったと言う事だけはないように気をつけてください。

 

頭の中で音楽を流す

先ほども言いましたが、静かな環境である事にストレスや緊張を感じて、余計に鳴ると言う事も考えられます。

だったら、自分の頭の中にライブ会場のような轟音を流せばいいのです。

例えそれが出来なくても、エアコンや虫、雨など自然の音を意識して聞くことで、静かな雰囲気ではないと錯覚を起こし、ストレスを改善できるはずです。

 

結局のところ、ストレスや緊張が原因

普通の授業中や仕事中はならないのに、静かな雰囲気の場所だけ、なぜか鳴るという人も少なくない事でしょう。

そういった方は、空腹というよりもストレスや緊張に原因があります。

ですので、今回紹介した、ストレスを改善する方法を利用していただき、出来るだけのストレスがフリーで、緊張をしない環境を作ってください。

 

しっかり食べる事も重要

ストレスや緊張が原因でない場合は、空腹が原因です。

それであれば、まず食べることが一番大事になります。

例え、おにぎりを一個でもテスト前や会議前に食べておくことでかなり変わってくると思います。

是非、あなたの体の事ですので、今までの経験とこの記事を生かして少しでも恥ずかしい思いをする人が減ればなと思います。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す