通勤時間だけは家選びで妥協してはいけない理由

持ち家でも借家でも、家を選ぶ時どんな事を基準に決めていますか?

多くの人は間取りや設備・通勤時間・価格の3要素から選んでいる事でしょう。

しかし、これら全てを完璧にしようと思うと、中々物件が見つかりません。

どれかを妥協する必要があるのですが、多くの人は通勤時間を妥協しようとします。

会社の多くは中心地にあり、そこから離れれば離れるほど家賃は安く、間取りや設備もグレードアップしていきます。

確かに、間取りや設備は家での快適性を考え妥協したくないポイントですし、価格も給料に見合った物しか選べません。

ただ、それでは必ずと言って良いほど不幸になります。

今回は通勤時間だけは妥協してはいけない理由を見ていきましょう。

 

自分の時間がなくなる

これからの時代は趣味を仕事にしたり、サラリーマンをしながら副業をしなければ生活が出来ない世の中に変わっていきます。

理由は様々ですが、一番はAIや自動化の発達により人間の能力を必要としなくなるからです。

その結果、本業の給料だけでは生活が成り立たなかったり、AIには難しいエンタメ事業(YouTubeやブログ、アイドルなど)でしか稼げない可能性もあります。

ただ、通勤時間が長くては、それすらもやる時間が確保出来ません。

「いや、そんな時代はまだまだ来ないだろ」

そう思っている人も多い事でしょう。

しかし、現在は人手不足で騒がれていますが、数年もすれば今とは逆になります。

実際に金融業界では自動化の発達が早く、大規模リストラが続いています。

つまり、今から将来的に稼げる仕組みづくりや訓練を始めなければならないという事です。

私の場合は通勤時間を30分未満にして、ブログや小説、投資など様々な事にプライベートの時間を充てています。

しかし、それでも時間がなく仕事の休憩時間にもこれらの事をしながら休憩しています。

私の心配しすぎかもしれませんが、いずれはサラリーマンで食べることが出来なくなるのであれば、早いうちに副業で同額ぐらいは稼げるように訓練しておいても損はないと思います。

 

睡眠不足になる

通勤時間が長くなればなるほど睡眠不足の割合は高くなっていきます。

「電車の中で寝れば?」と思うかもしれませんが、電車の中で熟睡する事は難しいでしょう。

それ以前に座席が取れるかも微妙です。

最近では着席保証型の電車が流行っていますが、それを使うぐらいなら通勤時間の短いエリアに住んだ方が効率的です。

睡眠不足は様々な病気を引き起こす原因にもなります。

若い時は余裕ですが、その代償は歳を取ってからきます。

ぜひ、今から睡眠不足を解消しておきましょう。

 

出世に影響する

最後は通勤時間で出世が出来なくなる問題についてです。

どうして、通勤時間が出世に影響するのかというと人付き合いが悪くなるからです。

どうしても、終電の時間が早くなり、途中で帰らなければならない事もあるでしょう。

もし、上司と飲んでいた時に途中で帰っては、今後の出世にも影響する可能性もあります。

もちろん、飲み会が全てではありませんが、世の中には飲み会が全てという人も少なからずいます。

そんな時は、転職すれば良いと割り切れる人間であればどうでも良いことかもしれませんが、そのような人は初めから遠方に住んでいないでしょう。

以上の事から通勤時間だけは妥協してはいけないという結論に至りました。

ぜひ、次に引越しをする時は通勤時間に重点を置いて考えてみてください。

コメントを残す