東京発日帰りひとり旅のオススメスポット4選(東京都隣接県)

今、若者のひとり旅が密かなブームになっていることをご存知ですか。

ブームの理由は様々ですが、私の場合は誰にも気を使わず、好きなところに行けると言う理由で年に数回はひとり旅に出かけています。

そこで、今回はこれまでのひとり旅の経験を踏まえて、東京新宿駅から日帰りで行けるオススメスポットをご紹介します。

 

①山梨県:河口湖

アクセス:新宿駅(中央線)→大月駅(富士急行線)→河口湖駅(約2時間)

 

見どころスポット

1、河口湖

河口湖

河口湖にきて、河口湖を見ないなんて人はいないと思いますが、皆さんもご存知の通り、富士五湖の一つで「さかさ富士」で有名な湖です。

ここで外せないポイントが遊覧船に乗ることで、約20分ほどの優雅な気分が味わえます。

私はどうしても、時間の都合で乗ることができなかったのですが、河口湖と言えば「遊覧船」と言うぐらいメジャーなスポットなのでぜひ、お立ち寄りください。

 

2、河口湖天上山公園(カチカチ山)

カチカチ山

河口湖の次にメジャーなスポットと言えば河口湖天上山公園、通称カチカチ山です。

童話カチカチ山の舞台になった山と言われ、頂上からは河口湖と富士山を眺められる絶景スポットがあります。

私は、徒歩で登山したのですが、ロープウェイもあるので自信のない方にも安心です。

ちなみに徒歩ですと往復で1時間30分もあれば余裕です。

カチカチ山頂上からは三つ峠登山ルートに繋がっており、富士急線の三つ峠駅まで歩いて帰る事も可能です。

しかし、こちらは6時間近いコースとなるため、それなりの準備が必要です。

 

3、富岳風穴

富岳風穴

富士の樹海と呼ばれる「青木ヶ原」にある溶岩洞窟です。

樹海と聞くと一度入ると出られない危険なイメージがありますが、整備されている部分も多く、富岳風穴は見学コースも用意される立派な観光地です。

ただ、入場料が必要な部分は少し残念ですが、見ておいて損はない名所です。

 

②埼玉県:秩父・長瀞

アクセス:新宿駅(山手線)→池袋駅(西武池袋線)→西武秩父駅→御花畑駅(秩父鉄道)→長瀞駅(約2時間30分)

 

見どころスポット

1、長瀞岩畳

秩父長瀞で一番有名なスポット、長瀞岩畳です。

上の写真は岩畳から見える荒川の景色です。

長瀞ライン下りがあったり、体験型の観光もいいですが、景色を見ているだけでも十分楽しめるスポットです。

ちなみに、下の写真が岩畳の様子で、休日であれば、こんなにも人が訪れています。

 

2、宝登山

長瀞駅を降りると目の前に見えるのが宝登山です。

春夏秋冬、見所があり、何度訪れても違った姿を見せてくれる事が特徴です。

秩父鉄道野上駅から秩父鉄道長瀞駅までのハイキングルートが一般的ですが、3時間程度かかるようで、時間のない方であれば、長瀞駅から頂上まで片道30分ほどのコースがオススメです。

また、ロープウェイもあるので、足に自信のない方でも安心です。

 

3、三峯神社

先に紹介した二つは長瀞駅から徒歩圏内にあるのですが、三峯神社は全く異なる場所にあります。

西武秩父駅か秩父鉄道三峯口駅から1時間程度バスに乗る必要があり、かなり行きにくい場所にあります。

しかし、秩父を代表する有名な神社で多くの観光客が訪れています。

私は残念ながら時間の都合で行くことができなかったのですが、次は三峯神社をメインで行きたいと思います。

 

③神奈川県:鎌倉・江ノ島

アクセス:新宿駅(湘南新宿ライン)→大船駅(横須賀線)→鎌倉駅(約1時間)

 

見どころスポット

1、江ノ島

湘南エリアを代表するスポットの一つでマリンスポーツを楽しんでいる観光客も大勢います。

さすがに、ひとり旅でマリンスポーツは難しいと思いますが、景色を見るだけでも価値がありますので、ぜひお立ち寄りください。

また、江ノ島へのアクセスは江ノ電が便利です。

しかし、休日の江ノ電は交通機関と言うより、アトラクション化しているのが現状です。

ひりひどい時には2時間待ちなどもあるそうですので、鎌倉・湘南旅行の際は余裕を持った行動をオススメします。

 

2、鎌倉大仏&長谷寺

鎌倉といえば大仏。

鎌倉大仏がある高徳院は外せないスポットの一つです。

また、長谷寺という有名なお寺も近くにあるので、合わせて立ち寄ることをオススメします。

高台からは湘南の街を一望でき、天気のいい日は三浦半島まで見渡せます。

そのほか、洞窟があったりとかなり広いお寺なので、それなりの時間をかけて回る必要があります。

 

3、鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、皆様もご存知の通り源頼朝ゆかりの神社です。

現在では、勝負運や出世のご利益があると言われており、鎌倉を訪れた方のほとんどが立ち寄るスポットです。

鎌倉駅から歩いて行けるアクセスの良さも魅力の一つと言えます。

 

④千葉県:佐原・香取

アクセス:新宿駅(中央線)→御茶ノ水駅(中央・総武線)→新小岩駅(総武線/快速エアポート成田)→成田駅(成田線)→佐原駅(約2時間)

 

見どころスポット

1、佐原の町並み

江戸時代の街並みが今も残る佐原の町並みは、時間が止まったような感動を味わうことができます。

重要伝統的建造物群保存地区は、日本全国に多数ありますが、南関東では意外と少なく、佐原の他に川越しかありません。

岡山県倉敷市には日本一有名な保存地区と言っても過言ではない美観地区がありますが、それと似たような雰囲気があります。

ですので、岡山まで足を伸ばすのは厳しいという方におすすめのスポットです。

もちろん、美観地区とはまた違った良さがあり、美観地区と比較して見るの面白いかもしれません。

 

2、香取神宮

香取神宮は何と言っても、ご利益の強さがすごいと話題の神社です。

特に勝負運に強くスポーツ選手や政治家、起業家も多く訪れる佐原地区最強のスポットと言っていいでしょう。

実際に、参拝された方の中にはご利益をすぐに実感する方も多く、「参拝から数日後に出世した」や「大きな仕事の契約が決まった」などの声も多数あります。

ぜひ、ご利益を手にしたい方には立ち寄っていただきたいスポットです。

 

3、水郷佐原あやめパーク

水郷佐原水生植物園として開業し、今は水郷佐原あやめパークの名で運営されている市営の植物園です。

約8haあるパークには、島や橋・水面などが配置されており、昔懐かしい水郷の情緒が味わえます。

特に5月下旬から6月に開催される、あやめ祭りは有名でJRが臨時の特急を出すほどの訪問客が訪れます。

日頃の疲れを癒してくれる植物が年中、見ることの出来るスポットです。

 

ひとり旅のまとめ

初めてのひとり旅は勇気がいるもので、計画をしていても、当日になると面倒になり先延ばししてしまうこともあります。

しかし、実際に出かけると、普段の旅行とは異なり、自分の好きなことを思う存分楽しむことができます。

今回、ご紹介した4つのエリアは、多くの方がひとり旅で出かけており、一人でも十分楽しめるスポットだけをまとめています。

ぜひ、この機会にひとり旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す