新横浜から横浜への移動はJRと地下鉄どっちを使うべき?

遠方から横浜に訪れる際は、多くの方が新幹線を利用すると思います。

しかし、新幹線で到着した場所は、新横浜駅で横浜駅までは10キロ近く離れた場所にあります。

多くの方が、横浜へと移動するのですが、その方法は大きく分けて2つあります。

一つがJRを使うパターンと、もう一つが市営地下鉄を使うパターンです。

今回は初めての横浜という方でも迷わないように、どちらが便利なのかを解説していきたいと思います。

 

JRで横浜へ

まず、JRで横浜駅に向かう際は、JR横浜線を利用します。

新幹線を降りると、在来線乗り換え改札口がありますので、そちらを利用する事で通常の切符であれば、追加料金なしで横浜駅まで向かう事が可能です。

ただし、企画切符など特殊な切符の場合は新横浜駅までの乗車券しか付いていな場合もありますので、注意が必要です。

JR横浜線ホームに着くと上り、東神奈川方面の電車に乗ってください。

快速でも各停でも、行き先がどこであろうと、とにかく来た電車に乗れば良いだけなので問題ありません。

東神奈川行きであれば、東神奈川で京浜東北根岸線に乗り換える必要がありますが、桜木町行きや磯子、大船行きであれば、横浜駅まで乗り換えなしで到着です。

東神奈川駅で乗り換えだとしても、それほど複雑な駅ではないので、案内表示板を見れば問題なく乗り換えができるはずです。

所要時間は15分〜20分程度です。

追加料金なしで乗車可能ですので、基本的にはJRを選ぶのが一番だと思います。

 

地下鉄で横浜へ

市営地下鉄ブルーラインで横浜に向かう場合は、新幹線改札口より一度出て、地下鉄改札口に移動します。

それほど、距離はありませんが、JR横浜線よりは少し時間がかかります。

ただ、メリットとしては、どの電車に乗っても間違いなく乗り換えなしで横浜駅に辿り着く事ができるので、乗り換えが苦手な方にはわかりやすいと思います。

また、所要時間も10分程度とJRよりも早く横浜駅に着く事が可能です。

ただ、追加料金が絶対にかかってしまうので、その点はデメリットです。

日中の横浜線は本数が極端に少なくなる事もありますので、あまりにも待たされる場合は、地下鉄を使うのもアリだと思います。

 

桜木町へ行く場合

新横浜駅から桜木町駅に行く場合も先ほど説明した横浜駅への行き方と全く同じです。

JRも地下鉄も桜木町駅が存在し、どちらもほぼ同じ場所です。

ちなみに、野球観戦で利用する関内駅も全く同じです。

 

みなとみらいに行く場合

みなとみらいに行く場合は、桜木町駅から歩けなくもないですが、みなとみらい線が便利です。

みなとみらい線への乗り換えは、横浜駅で行うのが一般的ですが、少しでも歩く距離を抑えたい方は、JR横浜線で新横浜駅から上り、東神奈川方面の電車に乗り、一駅先の菊名駅で東急東横線に乗り換えてください。

乗り換え専用改札も設置されており、スムーズに乗り換えが可能です。

菊名駅からは下り、元町・中華街方面の電車乗ればみなとみらい駅に到着します。

みなとみらい駅は特急も含め全ての電車が停車する為、基本的に先に発車する電車に乗れば、それが一番最初に着きます。

元町・中華街に向かう場合もこの方法が一番便利です。

ただ、JR石川町駅からも中華街にアクセスできるので、追加料金を払いたくない場合は、横浜に行く場合と同じ方法で移動すれば問題ありません。

 

初めての人には難しいけど実は簡単

新横浜駅は土地確保の関係で、新幹線駅を横浜駅周辺に確保できなかった事から出来た駅だそうです。

その為、若干不便で初めての方には少し難しいかもしれませんが、しっかり予習をしておけば迷うことはないと思います。

たまに、わざわざ品川まで行って、横浜に戻ってく人もいるようですが、品川まで向かう移動時間のことを考えると絶対に新横浜駅の方が便利ですので、ぜひ新横浜駅をご利用ください。

また、横浜アリーナや日産スタジアムへお越しの方は、新横浜駅が最寄駅になりますので、そのまま案内表示板に従いお進みください。

特に日産スタジアムは小机駅が最寄と言われていますが、混雑緩和の為にそう誘導しているにすぎません。

実際に東ゲートに行く場合は、新横浜駅からの方が若干近いし分かり易いと思います。

また、小机駅周辺には何もなく、コンビニやグッズショップ、飲食店に寄って行きたいのであれば、間違いなく新横浜駅からの方が便利です。




コメントを残す