YouTuberヒカルのVALU問題はどうしてここまで大きくなったのか?

今、世間を賑わせる話題の一つでYouTuberヒカルのVALU問題があります。

一旦は収まったかのように思えた瞬間もありましたが、文春砲や仲間のリーク疑惑などもあり、ついには毎日投稿を辞めるまできてしまいました。

どうして、ここまで大ごとになってしまったのでしょうか。

同じYouTuberのスキャンダルでは「はじめしゃちょー」の三股疑惑が記憶に新しいと思います。

その時も火消しに時間がかかったものの今では、何事もなかったかのように復活しています。

ヒカルもこのようになるのでしょうか。

今回は、なぜここまで炎上してしまったのかを考えていきたいと思います。

 

真実の説明不足

何か不祥事が発生した時は、その真実の説明責任が求められます。

ヒカルの場合は、Twitterにてある程度の説明と謝罪を行なっていましたが、それでは意味がありません。

YouTuberのフィールドはあくまでもYouTubeであり、動画において自分の口で説明しなければ、なりません。

実際にはじめしゃちょーの不祥事の対応は早く、しっかりと動画にて事の真実を述べていました。

どんなに、自分が悪いと思っていなくても、物事が発生した真実と謝罪は必要です。

 

動画投稿を続けるべきではなかった

問題が発生してからも動画投稿が続けられました。

しかも、不祥事には一切触れる事のない動画ばかりで、これでは低評価が増えても文句は言えません。

はじめしゃちょーも不祥事のあと、しばらくは動画を続けていましたがさらなるゴルフクラブ問題があったおかげで、動画を自ら休止する事ができました。

この事があったからこそ、ネットでの炎上は収まり、完全復活を成し遂げたのだと思います。

 

そもそも、嫌われていた

そもそもの問題として、ヒカルはそれなりに嫌われていたようです。

もちろん、登録者をあれほど伸ばしている実力者なので、アンチも多い事は仕方ないのかもしれませんが、想像を超える以上だったのでしょう。

その原因は祭り動画などで、闇を暴いたりと過激な動画が多かった事だと思われます。

また、ヒカルの凄さに嫉妬していた人も多かったのではと思います。

もしかすると、闇を暴いたことにより、ヤクザに狙われていたのかもしれません。

今回の事もヤクザが関わっていないとは言い切れません。

 

お金が絡んでいた

一番大きいのはお金が絡んでいた事だと思いまし。

はじめしゃちょーとは異なり、多くの人が金銭的被害を受けた事で、ヒカルへの恨みが生まれた事は事実でしょう。

買い戻しを行なったとアナウンスがありましたが、実際は買い戻しがなされているのか不明な部分もあります。

とにかく、お金が絡んでいた事は1番の失態だと思います。

そして、その被害者が視聴者というのも最悪です。

 

今後の対応について

ヒカルは、今後の対応として近日中に説明動画を出すと取材に答えています。

そもそも、取材に答える暇があれば、自分で動画を作った方が何倍も良いと思いますが、それは別として、説明動画で多少は収まるのではと思います。

ただ、現実問題として被害者が救済されているか分からない状態ではアンチが減る事はないでしょう。

VALU協力のもと、しっかりと損失補填を行なった事を証明してもらい、さらに何かしらのお詫びをする必要があります。

 

復活はできるのか?

チャンネル登録解除が一斉に行われている中でも、まだ240万人がチャンネル登録を継続しているという事は、復活する可能性は極めて高いと思います。

ただし、今までのキャラと異なる事をしても視聴者は離れていくだけです。

反省はしつつも、今までのように札束の暴力で、バカみたいにお金を使うヒカルでなければなりません。

個人的は大好きなYouTuberだったので、一刻も早く復活して欲しいと思っています。

私のように同じ気持ちで待っているファンも多いと思いますので、心より願っています。




1 個のコメント

  • フレンチクルーラーの件はもう立派な犯罪行為だろ、
    今回は法律的インタネット仮想通貨に関して不足のよう、炎上するだけ済むなら笑っとけ!
    早くブタバコに行っとけ、ドナッツ野郎!

  • コメントを残す