小説が苦手な人必見!!小説を楽しく読む方法とは?

皆さんは普段、小説を読んでいますか?

おそらく、学生時代は学校の半強制的な読書時間などがあり、それなりの人が読んでいたと思いますが、大人になってしまった今は読んでいない人が大半を占めるのではないでしょうか。

実際に私もつい最近までは、小説を読むことはありませんでした。

しかし、実際に読んでみると、小説の良さが分かり、熱中してしまっている自分がいました。

そこで、今回はどうすれば小説を楽しく読めるのか。

また、どうして小説を読むことが大切なのかを解説していきたいと思います。

 

どうして、小説を読まなかったのか?

まず、はじめに私がどうしてこれまで、小説を読んでこなかったのかをご説明します。

理由は簡単で作り話に興味がなかったからです。

もっと言うと、文章自体が嫌いだったのかもしれません。

ただ、全然本を読まなかったかというと、そんな事はなく、ビジネス書はそれなりに読んでいました。

なので、文章を読むことが大嫌いな人は、そこから改善する必要があります。

しかし、文章の嫌いな人の多くは漫画は好きと答えると思うので、文章を好きになるまでに、さほど時間はかからないと思います。

 

どうして、小説を読もうと思ったのか?

私に小説を読むきっかけを与えてくれたのは映画でした。

公開まで数週間ある映画の予告を見て、どうしても早く見たいという思いが募り、小説を読んでみることにしました。

もし、その出来事が無ければ、今も私は小説を手にすることは無かったと思います。

 

小説を楽しく読むコツとは?

ここかがら本題の小説を楽しく読むコツをまとめたものです。

 

①世界観を予め取り入れる

小説が嫌いな人の多くは、読んでいる途中で世界観を見失うからです。

どうしても、初心者の場合は理解能力が乏しく、どのような場面なのか頭の中で映像にするまでに時間がかかります。

そして、映像にできたとしても間違っている場合も多々あります。

それも小説の面白いところではありますが、その間違いがきっかけで小説を面白くないと感じる人もいます。

そこで、予め世界観を取り入れておくことで最後まで楽しく小説を読むことが可能になります。

その世界観を取り入れる方法の一つが「映画の予告を見る」事です。

映画の予告を見ることで、ある程度の世界観がつかめ、読んでいる途中に迷子になることは少ないでしょう。

また、役者と登場人物を当てはめることで、さらに面白く感じます。

 

ぜひ、小説を読む時は映像化されている物を選び、予告編を見てからお楽しみください。

 

②答え合わせをする

小説を読み終えた後は、映画の本篇を見て、答え合わせをしてみてください。

もちろん、映画が真の答えではありませんが、少なくとも筆者が公開を認めているので、筆者の考えに近いことは間違いありません。

さらに、映像だから分かる気が付きというものも存在します。

小説では難しい言葉が使われており、意味が理解できなかった部分も映像を見ると理解できたという事例もあります。

ぜひ、小説を読んだ後は答え合わせもしてみてください。

 

小説を読む大切さとは?

最後に小説を読む大切さをご説明します。

小説を読むことで、想像力が豊かになるというのは間違いではありません。

文章という限られた情報だけで人物や場面、声、性格などを想像する必要があるのですから当然です。

しかし、それだけではありません。

大量の文章を読むことで、速読の訓練にもなります。

そう、短時間で人よりも多くの情報を得られるということは、何事においても勝つ可能性が高くなるということです。

特に仕事においては、資料を理解するスピードが出世に繋がるといっても過言ではありません。

「それだったら小説でなくても、ビジネス書や新聞でいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

確かに文章を早く読むということにおいては、それでもいいかもしれませんが、理解力を高める点では、やはり小説が一番です。

特に場面転換を理解する能力が身につくだけで、物事の違いが理解できるようになります。

また、小説には面白さがあるので、熱中できるという点も優れていると思います。

小説に苦手意識のある人は、まずは短い短編小説からでもいいので、読んでみてください。

そうすると、きっと楽しさを理解していただけると思います。

コメントを残す