AppleのMac製品を買うべきでない3つの理由

パソコンを買う時に、まず決めなければならないことがあります。

それが、WindowsにするかMacにするかということです。

一般的にはWindowsの方がシェアも高く、使い勝手もいいのですが最近のApple人気は異常で、Macを選ぶ人も多くなってきました。

実際に私もノートパソコンはこれまで、Macを選んできました。

しかし、個人的にはMacは選ぶべきではないと言う考えに至りました。

これまで、Macを使ってきた私がどうして、Macを選ぶべきではないと考えたかをまとめてみました。

 

①値段が高い

私がMacを辞めた一番の理由は値段が高いからです。

同じ性能であってもWindowsパソコンと比べると、2倍ぐらい高いMacはコストパフォーマンスが悪すぎます。

もちろん、Windowsでも日本メーカーの製品は同じぐらいの値段なので、それを買うぐらいならMacでもいいですが、できればHPやDELLなどの安いメーカーがお勧めです。

実際に同じ性能を持っていてもMacでは20万円越え、DELLでは10万円以下というケースも確認されています。

 

②不具合が多すぎる

最近のAppleはハード面、ソフト面の両方で不具合が多すぎます。

まず、ハード面でいうと2016年が導入されているバタフライキーボードは、かなり不評です。

実際に私も何度も入力できない不具合に見舞われ、修理を出した事もあります。

そのほかに、ポップノイズが酷かったり、タッチバーが表示されない不具合があったりと、本当に色々ありました。

ソフト面においても、セキュリティーでの重大なバグがあったり、Safariで入力変換がスムーズに出来ない等が確認されています。

スティーブ・ジョブズ氏がいなくなったAppleでは、本当にクオリティーが落ちたと感じる部分が多々あります。

 

③選ぶ楽しみがない

MacはAppleの1社提供のデバイスで、商品のラインナップは非常に限られています。

もちろん、カスタマイズ等がありますが、それを含めてもWindowsのラインナップには到底、追いつくことはありません。

つまり、パソコンを買う時に「どれにしようかな」「この機能は外せないな」などの選ぶ楽しみがなくなってしまうのです。

現在発売中のMacbook、Macbook Proでは、USBtypeCのみしか対応しておらず、正直使いづらいの現状です。

こういった、事についても選ぶ自由がなくなってしまいます。

Macだからと言って、自分の欲しい機能を我慢する必要はありません。

もし、Macにその機能がないのであれば、Windowsを選ぶ方が賢い選択と言えるでしょう。

 

以上が私がMacを辞めた理由です。

今は基本的にWindowsパソコンを使っています。

おそらく、今後もWindowsパソコンを使っていくことになりそうです。

ただ、値段がもう少し安くなれば、検討の余地はあるのかと思います。

コメントを残す