割増料金を払う価値はあるのか?在来線のグリーン車に乗るメリット!

JR東日本の「東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線」には普通列車にグリーン車が連結されています。

一般の車両とは異なり、座席にゆとりがあり、快適に移動をしたい通勤客・観光客に人気を集めています。

もちろん、普通列車ですので特急券は必要ありませんが、グリーン券は購入する必要があります。

距離や曜日によっても金額が異なりますが、最大で980円必要です。(事前購入時)

その980円を支払ってでもグリーン車に乗車するメリットはあるのでしょうか。

今回は、在来線グリーン車に乗るメリットを解説していきたいと思います。

 

①快適空間で食事やPC作業もOK

朝の通勤時間帯ですと、電車の中で食事やPC作業はマナー違反ですが、グリーン車に限っては、マナー違反になりません。

JR東日本も、それを推奨しているので、気兼ねなく食事・PC作業が出来ます。

ただし、あまりにも臭いがきつい食事は、マナー違反になるので止めておきましょう。

 

②ラッシュ時でも座って移動が出来る

首都圏の通勤は基本的に座ることが出来ないほど、混雑していますが、グリーン車は座れる事もあります。

ただ、座席指定ではないので、すべての座席が埋まっている可能性も否定できません。

実際に朝のラッシュ時はグリーン車でも立っている人がおり、空いたら座ると言う人も大勢います。

通勤距離にもよりますが、ずっと立っていなければならないという事は、稀なようですので、座りたいときはグリーン車をお勧めします。

 

③車内販売が利用できる

グリーン車では一部の列車・区間・時間を除いて、車内販売を行っています。

そこでは、軽食や飲み物を買うことが出来るので、駅で買う時間がない時でも問題ありません。

ただ、混雑時などは実施しない場合もありますのでご注意ください。

 

こんな時に利用をオススメ!

  • 食事やPC作業をゆっくりと行いたい時
  • 座って寝たい時
  • 静かな環境で読書等を楽しみたい時
  • 旅行など贅沢に移動をしたい時
  • 1時間以上の移動時

私も一度だけ通勤時に利用をしましたが、とにかく快適でした。

特に月曜日は、皆さんも休み明けで会社に行きたくないと思いますので、少し違った雰囲気を演出するために利用をお勧めします。

また、旅行の時は特急を利用しがちですが、グリーン車が連結されている路線では、それなりに速い列車ばかりですので、あえて普通列車グリーン席で移動をするのもありかもしれません。

実際に土曜日・日曜日は家族連れでの利用も目立ちます。

 

グリーン料金はいくら?

在来線グリーン車の魅力をお伝えして来ましたが、最後に料金のご案内です。

駅(ホーム等)と車内では料金が異なりますので、時間に余裕がない時以外は、駅で買うようにしましょう。

ちなみに、料金が違う理由は明らかにされていませんが、車内での販売は車掌さんの手間がかかるので、出来るだけ駅で購入してもらうように、値段差を設けていると言われています。




コメントを残す