夫婦の体型を見れば裕福な家庭かわかる?

「隣に住む家庭は裕福なのだろうか?」

そんな風に思ったことはありませんか?

なかなか、親しい中であっても年収を聞いたり、貯金を聞いたりできませんよね。

明らかなお金持ちであれば、格好や家・車を見れば分かるのですが、サラリーマンの高所得者は外見から判断がつきません。

しかし、夫婦の体型を見れば、裕福か貧困かが分かるという研究データがあるのです。

 

裕福な家庭は夫が太り妻が痩せている

裕福な家庭の特徴としては夫が太り、妻が痩せているという統計結果があります。

どうしてこのようになるのかと言うと、食事と仕事内容にあります。

裕福な家庭という事もあり、食事のバランスは取れているのですが、夫の仕事はデスクワークが中心で運動不足になりがちです。

それに対して妻の方は家事や子育て等でカロリー消費が高く、痩せている人が多くなるのです。

また、妻が財布を握っている事も多く、自分の体型をコントロールできる人は、お金のコントロールも上手というのも関係しているのだと考えられます。

 

貧乏な家庭は妻が太り夫が痩せている

こちらも、裕福な家庭同様に食事と仕事内容が大きく関係してきます。

貧乏の家庭ではジャンクフードを摂取する割合が高く、太りやすい傾向にあります。

しかし、夫は肉体労働の割合が高く、カロリー摂取が多くても痩せ型になりやすいのです。

それに対して妻の方は単純にカロリーの取りすぎで太りやすくなります。

また、お金に対するストレスから暴飲・暴食になりやすいというのも関係しているでしょう。

 

どっちも痩せている・どっちも太っている場合は?

統計を見ると、上記の2パターンでは明らかな結果が出たのですが、どちらも同じような体型の場合、大きな特徴は現れませんでした。

つまり、夫婦揃って同じような体型をしている場合は、外見だけで裕福か貧乏かを判断するのは無理という事です。

もちろん、あくまでも統計結果から基づくデータなので統計に外れている夫婦も存在します。

ただ、かなり精度の高い統計データなので、8割以上はこのデータに当てはまると考えられます。

コメントを残す