Googleも提唱!SEOを意識したコンテンツ作りは時代遅れ

ネット上でコンテンツを作る時SEO対策を意識して作成していませんか?

私も少し前まではSEOを意識して出来る限り沢山のワードを使い、タグをつかっりしていましたが、Google曰く、そのような手法は時代遅れのようです。

確かに考えてみれば当たり前ですよね。

SEOを意識してコンテンツの質を落としてしまうと本末転倒です。

では、どうすればSEO対策をせずに検索順位で上位を取れるようになるのでしょうか?

タイトルだけはキーワードを入れる

出来れば、何も考えずにコンテンツの質だけを高めていきたいところではありますが、流石にタイトルだけはSEO対策をしないと検索からの流入は厳しいです。

いわゆる、ビックワードで上位表示させたいのであれば、何も考えることなく、タイトルを付ければいいのですが、残念ながらビックワードでの上位表示は極めて難しいのが事実です。

なので、ニッチなワードで検索してもらえるように、ニッチなワードをタイトルに盛り込んでおきましょう。

私がやっているSEO対策はこれぐらいです。

とにかく、何で流入して欲しいかを考え、それっぽいワードをタイトルに入れる。

たったこれだけでも、ある程度のアクセスは稼げます。

SEO対策よりも質の高さが重要

Googleのアルゴリズムは日々変化しており、日が経つごとにコンテンツの質が重要視される傾向にあります。

つまり、質の高い記事を書けば、いずれ上位表示されると言う事です。

Googleの言う質の高い記事とは何かと言うとオリジナル性です。

いくら、文字量が多くても他の記事からパクってきた文章では意味がありません。

自分の言葉で伝える事が大切です。

具体的にどうすればいいのか?

例えば、パスポートの作り方を記事にしたとします。

必要な物や手順、日数などは誰もが書いているのでデフォルトとして、そこにプラスα必要なのです。

では、何が必要かと言うと体験です。

「こんなところで、思いもよらぬトラブルにあった」

これこそが、Googleの求めるオリジナル性です。

私の場合はトラブルがなく進んだので、記事にしていないのですが、「発行出来なかった」、「写真の撮り直しを言われた」、「印字ミスがあった」こんな体験は稀な事で、これだけでもオリジナル性があります。

つまり、人とは違う何かを体験したと言うのがこれからのSEO対策として一番有効なのだろうと考えています。

コメントを残す