誰でも簡単にやる気・集中力を手に入れる方法

どうしても、やる気が起きない時や、集中力が続かない時ってありますよね。

締め切りまで時間がないって言う時に限って、やる気が起きず、動画を見てしまったり、おやつを食べてしまったりと、集中力をさらになくさせるような行動に走ってしまいます。

しかし、誰でも簡単にやる気や集中力が手に入る方法があります。

今回は、どうすれば、やる気や集中力を手に入れられるのかを解説していきます。

空腹時に作業をする

結論を言ってしまうと空腹時に作業をする事です。

人は満腹状態よりも、空腹状態の方がやる気・集中力が上がると言われています。

よく、お腹が空いて集中できないと言うのは、嘘という事になります。

やり方は簡単で、空腹な状態を作り、まず作業に取りかかる事です。

ほとんどの人は、空腹の状態になっても、作業に取りかからないから、この効果の恩恵を受けずに過ごしています。

作業に取りかかると言うハードルが高いのは私も実感していますが、やり始めると驚くほどに集中できてしまいます。

午前中の方が集中できる

普段の仕事でも、午後より午前中の方が集中できると言う事はありませんか?

これも、空腹が関係していると言われています。

やはり、昼食を食べてしまうと満腹感からやる気・集中力がなくなってしまいます。

できる人ほど、昼食を食べないとも言われており、昼食を抜くことの効果は絶大です。

さすがに、お腹が空いて耐えられないと言う人は、今よりも大幅に減らしてみましょう。

具体的にはパン一個とコーヒーだけぐらいが理想です。

カロリーメイトやinゼリー(ウィダーinゼリー)などもオススメです。

朝ごはんも食べない方がいい?

空腹時にやる気や集中力が手に入るのであれば、朝ごはんも食べない方が良いのではと言う人もいます。

実際に、食べない方が集中できると言うのは確かです。

しかし、朝ごはんも食べずに、昼ごはんも食べずに生活するのは結構辛いと思います。

なので、昼ごはんを食べるぐらいであれば、朝ごはんを食べた方が効率良く働けます。

もし、1日1食でも大丈夫なのであれば、朝ごはん抜きもOKです。

なぜ、空腹時にやる気が出るのか?

空腹時にやる気が出やすい理由は、人間の本能に関係していると言われています。

大昔は、自分で狩をして食糧を調達していました。

「お腹がいっぱいの時の狩」と「空腹時の狩」ではどちらの方が頑張って獲物を捕らえられるでしょうか。

多くの人は後者ですよね。

食べないと死んでしまうのですから当たり前です。

現代でも同じですよね。

家に食料がなくても満腹時であれば買いに行くのが面倒と思ってしまい行動しませんが、空腹時だったら面倒でも買いに行きますよね。

仕事でも同じ事が言えます。

空腹になる事で人間は危機感を覚えます。

その危機感がやる気・集中力につながるのです。

理想としては、常に空腹状態を作っておく事なのですが、それでは栄養が足りません。

また、空腹すぎても脳が働かないと言われています。

ちょうど良いバランスは、人によって異なりますが、昼食抜きが一番やりやすく、負担が少ないのかと思います。

コメントを残す