応募資格から外れていても応募してもいいのか?

求人広告で行きたい会社を見つけても、応募資格の条件から外れていると言うことはありませんか?

学歴や国家資格の有無であれば、流石にダメだろうと思うのですが、経験の有無に関しては微妙ですよね。

特に、何年以上や業務歴を問わない場合は、勢いで応募しちゃう事もあるでしょう。

しかし、これらの応募資格の条件は実際のところどの程度、厳密なのでしょうか。

応募NGなパターン

冒頭でも説明したように学歴や国家資格の有無に関しては応募資格欄に書かれている事を守りましょう。

特に国家資格の有無に関しては、それが無ければ仕事にならない事がほとんどです。

応募をしたとしても書類選考の時点で落とされるのは間違い無いので、お互いの時間を無駄にしないためにも控えましょう。

学歴に関しては、企業規模によりOKな場合もあります。

なんとなく、大卒以上・高卒以上と書いているだけの場合も結構あり、実際は気にしていないと言う事も少なくありません。

特に中小企業の場合はその傾向が強いです。

上場企業に関しては学歴フィルターがあるので、応募しても無駄になるだけなので止めておきましょう。

応募資格に該当しなくても応募OKなパターン

結論から言うと、上で説明したNGに該当しなければ応募資格に関係なく応募OKです。

もちろん、該当する場合の方が採用率は高くなりますが、人で不足の時代ですので、せっかくの応募者を無駄にするわけにはいきません。

もちろん、経歴に嘘をついてはいけませんので、応募時や面接事に経験がない事は伝えましょう。

その上でも、挑戦したい事を伝えれば、もしかすると採用率がUPするかもしれませんね。

少なくとも私だったらそこまでして働きたいのかなと思います。

別の職種に回される事も

様々な職種を募集している企業では、応募資格に該当しない場合、別の職種の募集を案内される事もあります。

中には、まだ募集をかける前の職種を案内される事もあり、その場合は採用率がUPすると言っていいでしょう。

起業だって、高いお金を出して広告を打つのは避けたいですから、もし広告を打たずに働けそうな子が間違えて応募してきたら全力で誘っちゃいますよね。

ちなみに、私もこのパターンは経験した事あります。

ただ、少しやりたい事と違ったので断りましたが。

結論:とりあえず応募でOK

迷った時はとりあえず応募しちゃいましょう。

その結果ダメでも、無駄になることはありません。

もし、運さえ良ければ働ける可能性だったあるのですから、とにかくアタックする事は大切です。

コメントを残す