<副業禁止>副業が出来ない会社は早いうちに辞めるべき理由

コロナウイルスの影響により「家にいる時間が増えた」、「収入が減った」と言う人が副業を始めるケースが増えている事をご存知ですか。

最近はネットで出来る副業が増えており、誰でも時間さえあれば手軽に出来るようになりました。

しかし、中には会社から副業を禁止されているなどを理由に副業ができないと言う人も大勢います。

特に大手企業をはじめとした古臭い体質の会社では、その傾向が強く残っています。

とは言っても、大手企業の場合は給与保証などがあり、大幅に収入が減ることを防いでくれる対策が取られています。

なので、副業が出来なくても多少の収入減で済み、それほど生活に困る事はないでしょう。

ひどいのは、中途半端なレベルの企業です。

業界を代表する大企業とは言えず、だからと言って中小企業とも言えないレベルの会社は、大企業以上に古臭い体質が残っています。

そのくせして、給与保証は最低レベルで、残業ありきで生活をしていた人は本当に苦しい思いをしています。

ここで考えて欲しいのが副業を出来ないことに対するリスクです。

副業禁止の会社は辞めた方がいい

結論を言ってしまうと、副業禁止の会社は出来るだけ早い段階で辞めるべきだと思います。

理由は、有事の際のリスクが大きすぎるからです。

貯金がある人であれば、有事の時でも耐えられますが、ほとんどの人がそれほど大きな貯金を持っていないのが現実です。

そうなれば、何か別の収入源を作る必要があるのですが、副業が禁止されている会社ではそれすらも出来ません。

今後も今回と同じようにウイルスによる、長期間の活動自粛が求められる場合もあります。

また、ウイルスだけではなく、天災など他の要因でも経済活動が停滞する可能性もあります。

そうなる前に、自分でも稼げる仕組みを持っておくか、いつでもアルバイトが出来る環境を整えておく必要があります。

もちろん、有事の際は副業も出来なくなる可能性はありますが、完全にできなくなる事はないでしょう。

今回の場合、飲食店やイベント会社でアルバイトをしていた人は、副業すら出来なかったと思いますが、スーパーマケットなどでは求人の募集がありました。

つまり、副業が許可されている会社であれば、スーパーマーケットでバイトをすれば、それなりの金額が手に入っていたのです。

副業が禁止されていては、スーパーマーケットで働くことすらも出来ません。

収入が半減しているにもかかわらず、何も出来ないと言うのは本当に不安で辛い日々だと思います。

もう、このようなリスクを抱えながら仕事をするのは辞めて、副業が自由に出来る環境に変わる事をお勧めします。

副業が当たり前になる

これからの時代は、サラリーマンをしながら副業が当たり前になります。

これまで副業に興味のなかった人も、クラウドソーシングやブログ、YouTubeなど、それぞれの方法で稼ぐようになってきます。

つまり、副業禁止の会社に勤めている人は、そうでない人と比べて収入的にもハンデを背負うことになります。

もちろん、十分な給料をもらっていると思いますが、それでも副業で成功した人には勝てないことでしょう。

どれほどの人が副業で成功できるかは微妙な部分ではありますが、相当数の人が新たな収入源を確保していくと予想しています。

副業で得た収入については給与とは違い税金面でも優遇されます。

このようなことから、収入格差が広がっていくと考えています。

副業同士のチームが出来る

副業が当たり前になった世界では、副業をやる人同士が集まるチームが誕生すると考えています。

基本は一人で活動すると思いますが、一人の活動量には限界があります。

なので、プロジェクトごとにチームが作られる可能性は十分に考えられるでしょう。

つまり、副業をしていると言うだけで知り合いの輪が広がっていきます。

そして、副業を出来ない人たちは、取り残されていきます。

もちろん、副業ができないからと言って、友達がいなくなるわけではありませんが、副業をする人たちよりは暇な時間が増えるので、かなり退屈な日々になっていくと思います。

生涯、サラリーマンで終わる

これまでは、終身雇用が当たり前でしたが、これからの時代は終身雇用が崩壊していきます。

しかし、古臭い体質の会社においてはこれからも終身雇用を続けていくことでしょう。

つまり、生涯サラリーマンとして、人生が終わっていく昭和や平成の生き方をしなければなりません。

それに比べて、副業をすると、副業により、ある程度稼ぐ力をつければ、独立する事ができます。

独立をすれば、自由な働き方ができ、これまでのような制限のある人生から脱出できます。

副業禁止の会社では、そのチャンスすら得られないまま定年年齢を迎えてしまうことでしょう。

その生き方も悪くはありませんが、個人的にはつまらないと思ってしまいます。

さらに言うと、その会社が安定していれば良いのですが、今の時代はそれすらも怪しすぎます。

なので、サラリーマンとして働きながら、自分で稼ぐ力をつける必要があると思います。

一度、自分で稼ぐ事ができれば、どのような分野でも新たに稼ぐ事ができます。

また、稼いだと言う事実が自信にもつながり、稼ぎやすくなるのは確かです。

副業解禁が急増する

これからは、現在副業を禁止している会社であっても副業を解禁する会社が増えてきます。

実際に、コロナウイルスより以前にも、副業を解禁した大手企業があります。

代表的な企業で言うと、カゴメや三菱地所、みずほFGがあります。

これらの大手企業が副業を解禁すると言う事は、これからは、そうしないと採用できなくなる可能性を予想しているからです。

また、福井県に雇われる公務員でも条件付きで副業解禁されました。

絶対に無理だと思われていた公務員ですら、副業が解禁される時代です。

なので、これからはほとんどの民間企業で解禁されてい事でしょう。

しかし、一部の企業はそれでも解禁しないと思います。

そうなった時は、躊躇せずに辞めるべきだと思います。

コメントを残す