やる気が出ない時にやる気をアップさせる方法

どうしてもやる気が出ないで、無駄な時間を過ごしてしまう事ってありますよね。

私も休みの日はやる気を出そうと頑張るのですが、実際はYouTubeを見てしまったり、本を読んでしまったり、ツイッターを徘徊したりと、作業に取り掛かるまでに時間がかかります。

そんな時に使えるのがやる気をアップさせる裏技です。

上から順番に効果があると感じるものをご紹介していきます。

ぜひ、皆さんもやる気をアップさせたい時の参考にしてみて下さい。

頑張っている人を見る

誰しも、頑張っている人を見ると「自分も頑張ろう」となるはずです。

私も頑張っている人を見てやる気を貰っています。

とはいっても、周りに頑張っている人がいいのですが、そんなに頑張っている人もいない事でしょう。

そういう時は、ドキュメント番組で頑張っている人を見て下さい。

それだけでも、頑張ろうという気持ちが出てきます。

ただ、近くに頑張っている人がいると、さらにやる気アップに繋がるのは確かです。

なので、若手起業家のコミュニティーなどに参加して、頑張っている人と一緒に仕事をしてみるというのも悪くないと思います。

また、コアワーキングスペースなどに行くと、一人で頑張るフリーランスが大勢います。

そういった環境でやる気をアップさせるのも一つの手段です。

頑張っていない人を見る

先ほどとは逆で頑張っていない人を見て「あのようにはなりたくない」と思い。やる気をアップさせる方法もあります。

あなたの周りにも、やる気が無くて無駄な時間を過ごしている人がいますよね。

また、お金に困っている人を見て、将来の自分を想像するのも、やる気をアップさせてくれます。

人と言うのは、金持ちになるよりも、貧乏をして困っている自分を想像する方が頑張れる生き物です。

ただ、注意する点は、そのような人を見て安心してしまう事です。

確かに、自分よりも頑張っていない人を見ると安心する気持ちは分かります。

しかし、そこで安心してしまうと、次は自分がそうなってしまいます。

そうならない為にも、反面教師として認識するようにしましょう。

運動をする

人は運動をする事で、どんな事に対してもやる気アップの効果が見込めます。

作業をする前に、少しランニングをしたり、筋トレをしたり、ストレッチをしたりと、無理のない程度の運動をします。

そうするだけで、作業に集中できるようになります。

もちろん、個人差があり、運動をする事で疲れてしまい、やる気がダウンするケースもあるようです。

なので、決して無理だけはしないでください。

ランニングが難しければ、ウォーキングでも大丈夫です。

とにかく、少しでも体を動かすことが重要です。

ご褒美を設定する

どうしても、やる気が出ない時はご褒美を設定して、無理やりでも自分を動かしてください。

この手段は、やる気を出すというより、強硬手段に近いと思います。

私もやる気が出ない時は、作業が終わったら好きなスイーツが食べれると思って、無理やり作業をしています。

ただ、個人的にはあまり好きなやり方ではありません。

理由は、作業の質が落ちてしまうからです。

どうしても、ご褒美が早く欲しくて質より時間を優先してしまいます。

なので、私としては本当に最後の手段として置いているに過ぎません。

とはいっても、作業が早く終わるので、上手く使ってみて下さい。

以上が、私のやる気アップ術でした。

頑張っている人のドキュメンタリー映像が見つからないという方は、「プロフェッショナル仕事の流儀」「情熱大陸」「カンブリア宮殿」などがお勧めです。

特に興味のある分野で頑張っている人を見ると、やる気が出てきます。

NHKオンデマンドなど、見放題配信サービスでは好きな時にドキュメンタリー映像が見れるので加入しておくのもアリかと思います。

コメントを残す