ついに7月10日からJリーグ観客動員へ!

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中断していたJリーグがついに再開します。

J2、J3は6月27日から、J1は7月4日から無観客ではじめ、その後7月10日より観客を動員も行っていくようです。

これにより、他のプロスポーツや大型イベントも段階的にではありますが、再開していく流れになっていくと思います。

ただ、一つ心配なのが本当に大丈夫なのかと言う事です。

感染拡大については、かなり収まってきているものの、完全に終息したわけではありません。

この状況で、再開して本当に大丈夫なのか心配に思っている人も多いと思います。

満員電車が大丈夫ならスポーツ観戦もOK

非常事態宣言が解除されて以降、首都圏を中心に満員電車が復活しています。

宣言中はテレワークや休業により、通勤する人がかなり少数でしたが、6月1日を境に、状況は大きく変わりました。

これに対して批判する人も大勢いますが、少なくとも実験にはなっていると思います。

6月1日~3週間後の22日前後に感染者が増えていれば、判断が間違っていたと言えます。

そもそも、テレワークで仕事が出来るなら、それを採用すればいいのにと思う気持ちもありますが、シミュレーションが出来ていると考えるといいのかなと思います。

感染拡大は再発するのか?

満員電車の復活、イベントの再開などにより、感染拡大が再発するのでしょうか。

私の予想では、感染拡大は再発しないと考えています。

理由は、既に想像以上の人が感染しており、抗体を持っていると考えているからです。

一部のデータでは3%とありますが、実際はもっと多いはずです。

世界的に見てあれだけの感染力を持っているのであれば、50%を超えていても不思議ではありません。

もちろん、エリアによって異なりますが、首都圏・関西圏では少なくとも、50%に限りなく近い数字であると思います。

ただ、地方はと言うと、それほど感染者がいなかったことから、本当に感染拡大を阻止出来ている可能性があります。

なので、首都圏・関西圏に関しては、元の生活に戻ってもそれほど差し支えないと考えています。

冬になると再度流行するのか?

新型コロナウイルスは気温や湿度は関係ないと言われていますが、実際は少し関係していると思います。

なので、これから夏に向けては比較的感染率は弱まり、地方においても流行するレベルにはならないでしょう。

ただ、怖いのが冬になった時です。

地方の流行はもちろん、首都圏・関西圏においても再流行する可能性があります。

正直、新型コロナウイルスについてのデータが正確に分析されていないので、憶測でしかありません。

ただ、ウイルスの基礎を考えると、変異したりするので、この冬は再度緊急事態宣言が出てもおかしくないと考えています。

どう行動すれば良いのか?

新型コロナウイルスの時代に私たちはどう行動をすればいいのでしょうか。

答えとしては、国の方針に従うのが正解です。

国の方針に従わないと、ウイルスで死ぬ前に誹謗中傷や経済破綻で死んでしまいます。

GW中に山梨に帰省をしてしまった人がいましたが、誹謗中傷し過ぎではという印象でした。

確かに、褒められた行動ではありませんが、全く関係のない人まではネットで誹謗中傷をするのは、どうなのかと考えてしまいます。

また、メディアも面白がって取り上げすぎという印象でした。

確かに、感染拡大を阻止するためには情報が必要です。

しかし、いらない情報まで伝えるのはどうなのかと考えてしまいます。

「感染の疑いのある人が、このようなエリアを行動していました。」

これだけで良いのではないでしょうか。

遊びのための帰省だったなんて情報はいりません。

その報道さえなければ、「仕方のない帰省だったのでは?」と思う人も大勢いた事でしょう。

このように、メディアやSNSに殺されない為にも国の方針を守るしかないのです。

toto予想も復活しています!

最後に宣伝ですが、当サイトで行っているtoto予想も復活しました。

現在は海外リーグを対象としたくじが発売されていますが、Jリーグ再開後は、Jリーグを対象としたくじも発売されるはずです。

ぜひ、予想の参考にご覧ください。

toto予想サイトはこちら

コメントを残す