NHKに受信料を払いたく無い人が取る行動とは?

皆さんはNHKに加入していますか?

テレビを設置するだけでお金を要求してくる、まるでヤクザのような集団、それがNHKです。

とは言っても、日本の法律でNHKへの強制加入が定められている以上、受信料を払わなければなりません。

しかし、NHKに受信料を払わなくてもいい方法もあります。

そこで、今回はNHKに受信料を払わなくて済む方法をまとめてみました。

こちらの記事は動画にもまとめています。

テレビを持たない

一番いいのはテレビを持たないことです。

現在の法律ではテレビを受信できる環境が整っていなければ、NHKに加入する必要はありません。

なので、テレビ、ワンセグスマホ、テレビ付きカーナビなど、テレビを受信できる環境を一切無くせばいいのです。

「テレビがない生活なんて無理」なんて人もいると思いますが、今はYouTube、Netflix、Amazonプライム、TVerなどがあるので、テレビがなくても問題なく生活していけます。

むしろ、テレビより面白いコンテンツが見れる上に、Netflix、AmazonプライムであればCMも無いのでストレスなくコンテンツを楽しめます。

テレビはあっても受信設備がなければOK

テレビは見ないけど、テレビの大画面でYouTubeやNetflixを楽しんでいる人も多いと思います。

そう言った場合は、アンテナを捨てればいいのです。

あくまでも受信できる環境にある事が加入の条件なので、アンテナがなければ加入条件には合致しません。

もちろん、マンションで共同アンテナが付いている場合でも、受信するための配線がなければ加入条件には合致しないと考えられます。

とにかく加入しないのが一番

どのような状況であれば、一度加入してしまうと、解約が難しい状況になります。

なので、とにかく加入しないのが一番です。

訪問が来ても、「放送法第64条で定められている受信設備はない」と追い返してください。

そうすれば、受信料を取られることはありません。

また、法律の知識を持っているという事で、セールスマンもビビって帰っていく確率が高くなります。

受信設備があるのに加入しないのは犯罪

受信料を支払いたくないために、受信設備があるにもかかわらず加入しないのは犯罪になります。

ただし、罰則などは一切ありません。

なので、訪問にきたとしても居留守を使えば問題ありません。

ただ、セールスマンの中には不法侵入する人もいるようです。

そう言った場合は、直ちに警察に通報してください。

不法侵入は立派な犯罪で、罰則が存在しますので警察が対処してくれます。

以上、NHKに受信料を取られない方法でした。

この件に関しては多くの人がブログやYouTubeで記事にされていますが、無駄な説明が多く、結局どうしたらいいのかわからない人も多いと思います。

なので、この記事ではとにかく契約しない、訪問が来ても居留守を使うということだけを伝えたいと思い記事にしました。

コメントを残す