FXで負けて死にそうなのだが・・・

41 views

ついこの前、FXで個人的にはキツイ額を負けてしまいました。

その額はなんと、20万円ちょっとです。

ショボくないと思う人とすごい額だなと思う人の二択だと思いますが、趣味でFXをやっている身分からすると相当な額です。

普通のサラリーマンからすると、一ヶ月の家賃以上の額が一気に飛び、新入社員なら給料以上と言っても過言ではありません。

 

負けた理由

負けた理由には明確にわかっています。

それは、欲を出してしまったからです。

今までは、国内業者で口座を開き、1日2000円程度勝てればいいと思いながら取引をしていました。

しかし、欲が出た私は、海外のFX業者を使いレバレッジ500倍以上の取引をしてしまったのです。

レバレッジとは

1万ドルを買うのに100万円近くの資金が必要になりますが、レバレッジ25倍で取引を行うと4万円程度の資金で買うことができる仕組みです。

これにより、今まで1万通貨で行っていたものが、一気に20万通貨に増やし、爆死したということです。

 

海外の場合は追証金がない

自分が入金している以上のマイナスを出すことがFXの世界ではあります。

もちろん、マイナスを出すことは、相当な金額で取引をしていない限りないのですが、レバレッジが高ければ高いほど、追証金が発生する可能性が高いです。

私が唯一救われたのが、海外業者には追証金がないということです。

日本では当たり前ですが、自分のマイナスは借金となります。

しかし、海外の業者の考えは、預かり金以外のマイナスは、業者の責任という考えがあります。

これにより、かなり救われたのが現実です。

 

海外業者は悪なのか?

海外のFX業者は悪なのかというと、そういうことではありません。

今回は、たまたま時期が悪く、自分の考えが甘かったと言えます。

もう一度、国内の低いレバレッジからやり直して、機会があれば、損をする覚悟で海外にリベンジしようと思います。

 

一攫千金にオススメ

先ほども言いましたように海外には、追証金がありません。

その上、高いレバレッジで取引ができるので、間違いなく、一攫千金のチャンスは大きいです。

それに、一発勝負であれば、負けるか勝つかは2分の1で、素人でも十分に勝てます。

ただ、スプレッド差が大きいので、一時的にマイナスが大きくなりますが、そこは本当に我慢するしかありません。

ぜひ、興味のある人は、「海外FX」で検索してみてください。

スプレッド差とは

為替の買いと売りの値段差のことです。

テレビニュースで聞く、100円20銭から100円30銭の間というのは、買いが100円30銭で、売りが100円20銭ということです。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す