雪予報の度にタクシーの予約がいっぱいになるけど、そんなに働きたいのか?

45 views

関東地方では明け方から季節外れの雪が降りましたが、鉄道の特別大きな混乱はなく、普段から遅延・見合わせが当たり前の首都圏では、いつも通りといった感じでした。

しかし、ニュースで報道されているように、昨日のうちから、タクシーは予約がいっぱいで、タクシー会社からしてみれば、恵みの雪になりました。

私からしてみると、そこまでして仕事に行きたいかと思うのですが、皆さんはどうでしょうか。

正直、電車が止まった時ぐらいゆっくりと通勤してもいいのではと思います。

たとえ、大事な会議があったとしても全員が遅れるのだから誰にも迷惑はかけないですし、事情を考えると理解をしてくれるはずです。

それでも、タクシーを予約した人はどのような人たちなのでしょうか。

 

①営業職でアポイントがある

営業職をやっている人であれば、アポイントに遅れるわけにはいきません。

たとえ、相手が遅れてもこちらは、時間通りに向かうのが、最低限の礼儀です。

ただ、本当にできる営業マンは当たり前に、遅れるそうです。

というより、昔いた会社のナンバーワンは、よく電話で30分だけ遅れていいですか?って電話で言っていました。

何をするのかと思うと、ゆっくりとコーヒーを飲みながら、メールチェックです。

もちろん、既存顧客で信頼関係があるから、出来ることなのでしょうが、遅れる理由がなくても、このような営業スタイルがあります。

雪だというと、どんな人でも納得してくれる。

そこで、納得できないようであれば、必ずトラブルになるお客さんなので、営業マンから願い下げすればいいのです。

 

②自分がいなければ会社が動かない

これもよくある勘違いの一つで、自分がいなければ会社が動かないと思い込んでいる人がいます。

しかし、本当にそうでしょうか。

もし、あなたがいなければ回っていかないような会社であれば、すぐにでも切り捨てるべきです。

もっと言えば、それだけ優秀なのであれば、経営側に回るべきです。

したがって、この理由でタクシーを使うのは今後やめたほうがいいのではと思います。

 

③遅れると怒られる

おそらく、今日タクシーで通勤した方の多くは、この理由だと思います。

たとえ、遅延証明書があっても、遅れを許さない会社があるそうです。

私もブラック企業で働いてきましたが、さすがに電車遅延ぐらいは笑って許してくれました。

しかし、世の中には本当に忙しくて、遅れると、残業が長くなると考えれば、タクシーを使ってでも通常通り仕事をしたいと考えるのかもしれません。

ただ、そういった会社には、将来性がありません。

このような会社であれば、早急に考え直したほうがいいのではと思います。

 

てか、電車のほうが早い

雪の日は普通に考えると電車のほうが早く目的地に着きます。

見合わせまでしてしまうと、どうにもなりませんが、東京でそれほどの雪が降ることは数年に一度だと思います。

だったら、普段より30分だけ早く出るなどして、電車で会社に向かうほうが安全です。

さらに、電車には振替輸送があり、ターミナル駅まで出ることができれば、遠回りでも動いている路線が絶対にあるはずです。

もしなければ、動いているところまでバスで移動するなど方法はいくらでもあります。

寒い時ぐらい、自分へのご褒美という方であればいいですが、早く着きたいからと言ってタクシーを使うのはどうなのかなと思います。

雪のあとは路面が凍結しやすいですので、転ばないようにご注意ください。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す