グリーンスムージーの作り方と飲み方のポイント!!

8 views

皆さんはグリーンスムージーをご存知ですか?

名前は聞いた事があるけれど、具体的にどんなものかよくわからないという方がほとんどではないでしょうか。

私も自分が飲み始めるまでは、健康によさそうで女子力高めの人が好む飲み物ということぐらいしか、思っていませんでした。

しかし、色々調べてみるとグリーンスムージーには、美肌、ダイエット、便秘解消など様々な効果があるようです。

今では、野菜不足を補うための必須アイテムとなっています。

今回は、ぜひ皆さんにもグリーンスムージーの素晴らしさを知っていただこうと思い作り方やちょっとした豆知識をお伝えできればと思います。

 

グリーンスムージの作り方

そもそも、グリーンスムージーとは新鮮な果物と野菜を使った飲み物です。

材料を適当な大きさに切ってミキサーにかけるだけで簡単に作れます。

青汁に豆乳や牛乳を混ぜる光景をよく見ますが、グリーンスムージーには余計なものは全く不要です。

あくまでも、野菜と果物と水だけを混ぜ、ナッツやオイルも加えないようにしてください。

野菜に関して汚れている事もありますので、普段の調理のように、しっかりと汚れを落としてからミキサーに投入してください。

理想としては緑の濃い葉野菜がベストです。

具体的に言うと「ほうれん草、パセリ、ケール、小松菜、チンゲン菜、リーフレタス」などが挙げられます。

「人参、かぼちゃ、ブロッコリー、インゲン、キャベツ」などでんぷん質が多い野菜は、果物と一緒に摂るとガスが発生するので使用しないでください。

次に果物を投入するのですが、こちらには特に制限ありません。

ただ、甘い果物と酸っぱい果物の相性は良くないので控える事をお勧めします。

特に胃が弱い人は、消化不良を起こす事もあるので、ケンカしてしまうような果物の組み合わせにはご注意ください。

 

いつ飲むのがベストなのか

グリーンスムージーのイメージと言えば朝だと思います。

そのイメージの通り、朝に飲むことが一番ベストとされています。

生の果物と他の食材を一緒に摂取してしまうと、果物が胃を通過する妨げとなり、果物が胃の中で発酵してしまいます。

ですので、前日の夜から何も口にしておらず胃の中が空っぽな朝が最適とされています。

また、朝というと皆さんもご存知の通り時間がありません。

少しでも長く寝ていたと思うのは誰もが同じです。

グリーンスムージーであれば野菜と果物を切ってミキサーで混ぜるだけなので、調理時間も全く必要がありません。

こういった手軽さも朝が良いとされている理由の一つだと言えるでしょう。

 

飲んだ後、30分は水以外を口にしない

グリーンスムージーを飲んだ後、30分間は水以外を口にしないようにしてください。

理由は胃を通過するまでに30分程度はかかるからです。

どうしても、お腹が空く場合は30分以上開けてから何かを食べてください。

 

1人暮らしの野菜不足解消の第一歩に

グリーンスムージーは野菜不足解消方法の一つとされています。

特に一人暮らしの方であれば、コンビニ弁当や外食、インスタント食品が中心で野菜が不足しがちだと思います。

今回ご紹介したグリーンスムージはミキサーと野菜、果物さえ用意をすれば誰にでも簡単に作ることが出来ます。

それすらも、面倒と思う事もありますが、体に異変を覚えてからでは手遅れとい事もあります。

最近ではコンビニでも売られており、作るのが面倒という方はそういった商品を飲んでもいいでしょう。

ぜひ、一人暮らしの方は男女問わずグリーンスムージー生活を始めてみてはいかがでしょうか。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す