人手不足の時だからこそプレミアムフライデー導入へ

49 views

2017年2月24日より始まったプレミアムフライデーは満喫できましたでしょうか?

一部の報道によると実施企業はたったの120社程度と政府や経団連が想定する以上に少なかったのではと思います。

もちろんですが、私の勤める会社でもプレミアムフライデーはなく、せめてもの抵抗で残業なしで帰宅したぐらいです。

おそらく、多くの企業では人手不足で忙しい月末に午後3時上がりなど出来るわけがないと考えている事でしょう。

実際に私の会社も人手不足が原因で今後もプレミアムフライデーは実現出来ないと予想しています。

 

人手不足だからそこ導入する

記事のタイトルでもあるように、人手不足の時代だからこそプレミアムフライデーの導入は必要だと私は考えています。

理由は簡単でプレミアムフライデーを利用して人手を集めることが出来るからです。

想像してみてください。

求人票にプレミアムフライデーと記載されていたらきっとホワイト企業だろうと想像するのではないでしょうか。

それにより、たくさんの応募が集まり優秀な人材を確保できたのであれば、例え労働時間が短くなったとしても仕事や売り上げには差し支えないでしょう。

また、既存の社員のモチベーションも上がり、今まで以上に短時間で仕事を終わらせようとします。

そうなると、結果的に電気代や無駄な残業代が削減され、企業としてもコストをカットすることが出来るのです。

 

取引先が導入していないから出来ない

取引先の企業やお客様となる企業がプレミアムフライデーを導入していないので、当社も出来ないという経営者の方もいるでしょう。

確かに取引先の都合やお客様へのサービス提供を怠っては今後の売り上げに大きく影響する事でしょう。

しかし、プレミアムフライデーを全社員が一斉に実施するのではなく、順番に実施すれば問題ありません。

第一金曜日はAさん、第二金曜日はBさんなど交代にすれば、実務に支障をきたす事も少ないでしょう。

もちろん、中小企業ではAさんにしか出来ない仕事があるかもしれません。

しかし、そういった状況は本来望ましい物ではなく、すぐにでも改善しなければなりません。

このように、少し工夫をする事で問題なくプレミアムフライデーは実施が出来ます。

 

 

思い切って週休3日制もアリ

ヤフージャパンでは、週休3日制導入に向けて本格的に制度改革が始まっているそうです。

大手だから出来る事と言われてしまえばそうかもしれませんが、これも交代で平日の1日を休めば実務には支障を出さずに実施できます。

殆どの企業が週休3日制を導入していない今だからこそ、求職者にとってはメリットでしかありません。

深刻な人手不足にお悩みの経営者さんはぜひ、勇気のいる決断ではありますが、週休3日制の導入もご検討ください。

 

 

週休3日制やプレミアムフライデーで減給はNG

経営者からしてみれば、労働時間が短くなるのだから減給もいいだろうと考えるでしょうが、それであれば導入しない方が断然マシです。

というのも、今の若者を中心に自分の給料だけでは生活が出来ないという方も大勢います。

今の状況でも苦しいのに、これ以上の減給が実施されれば辞めていく人もいる事でしょう。

これでは、人手不足解消のために行った施策が裏目に出てしまいます。

経営者からしてみれば理不尽に思う事もありますが、社員一人一人が今までは5日かかっていた仕事を4日で終わらせるほどスピードアップしたのだと思えば、給与の据え置きにも納得がいくのではと思います。

もちろん、実際はそのような事は難しいですが、人手不足の現状では、企業側が折れるしか仕方がありません。

今後も、ますます人手不足の世の中は続いていきます。

少しでも改善するために、他社が取り入れていない今から勇気を出してみてはいかがでしょうか。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

1 個のコメント

  • 中小企業は、他社の動向を見てばかりで、自分から進んで始めようとしない。
    それが、いつまでたっても成長出来ない要因なのでは?
    今回こそは、進んで実施できる企業が少しでも現れてくれればと思います。

  • コメントを残す