ランニングには、走る以外の楽しさもある

20 views

皆さんは最近、走っていますか?

私は、この数ヶ月間、毎日とはいきませんが、週に20キロ程度を目標ランニングを続けています。

もともと、中学生の頃陸上部に入っていたのですが、顧問が熱血で本当に厳しい練習の毎日だったので、それ以降、走ることが大っ嫌いになりました。

辛い練習にも関わらず、タイムは思ったように伸びず、本当に嫌になり、中学卒業と同時に陸上を完全に辞めてしまいました。

それ以降、陸上の世界に復活する事はなかったのですが、冒頭でも言ったように、最近の趣味はランニングです。

そんな、一度は陸上から逃げ出した私でもランニングを続けられるには理由があります。

それが、タイトルにもある通り、走ること以外の楽しさを見つけたからです。

おそらく、多くの方がランニングをやろうと思った事があるけれど、想像以上にきつく、続かないのではないでしょうか。

今回は、そんなランニングを続けやすくする別の楽しみをご紹介していきます。

 

音楽を聴く

私がランニングをする理由の一つは音楽を聴きたいからです。

通勤中やパソコン作業をしながらも聞いているのですが、通勤中であれば車内放送、パソコン中であれば作業内容に集中しなければならない時もあり、音楽を本当に楽しめません。

その点、走っているときは、基本的に何も考えていないので、音楽に集中しやすい環境です。

特に、公園や河川敷などであれば車や信号に邪魔をされる事もないので、さらに集中が可能です。

聴き放題サービスが開始されて以降は、水曜日が新曲の発売日にあたるので、水曜日の夜に走る事が楽しみになっています。

今まで聞いたことのないようにアーティストの魅力も発見でき、音楽好きの私にとっては、ランニング中の音楽も重要な要素の一つです。

 

知らない道を知る

地元や近所であっても、知らない道の一つや二つはあるはずです。

私の場合は、地元を離れて暮らしているので、家の近所であってもほとんど、道を知らない状態でした。

「このまま真っ直ぐ突き進むと、どこに繋がっているのだろう?」や「お隣の駅前は、どんな雰囲気なのだろう?」と想像するだけで、実際に行ってみたくなります。

また、知らない道を走る事は、珍しさもあってか、疲れをあまり感じません。

基本的には同じコースを走る方が、ペース配分や距離の目安が分かるので、いいのですが、今日はあまり気分が乗らないなと言うときは、探検と思って、全く別のコースを走るのもいいかもしれません。

 

全く知らない人と出会える

関東に引っ越してからはさすがに、知らない人と出会う事はありませんが、地元でランニングをしている時は、地域社会のコミュニティーも強く、全く知らないお爺さんやお婆さんと知り合う事もありました。

もちろん、少し挨拶をする程度ですが、普段かかわる事の出来ない世代の方と少しでもかかわりを持てるのは、貴重な体験だと思います。

また、都会ではランニングサークルと呼ばれる社会人サークルも存在します。

多少の入会金や交際費はかかってしまいますが、同じ趣味をもった仲間が出来ると思えば安いと個人的には思います。

 

いかがでしたでしょうか。

私の場合は、前の二つがランニングを続けられている大きな理由です。

特に音楽にはこだわっており、走りやすいようにBluetoothのイヤフォンを買おうかと検討しているほどです。

ランニングには、このように走る以外の楽しさもあります。

その楽しさは、人によって違うでしょうが、ランニングが続かない方は、ぜひ走る以外の楽しさを見つける努力から始めてみてはいかがでしょうか。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す