DAZN大丈夫? 未だに5分に1回以上止まるのだが・・・

932 views

Jリーグが開幕してから約1ヶ月か経ちました。

今日(3月25日)はJ1の試合もなく、アクセスが少ない分、快適に試合を楽しめるのかなと思ってDAZNにアクセスしてみました。

しかし、実際に見てみると、5分に1回、一瞬止まるケースも含めると1分に1回は止まっています。

J1の試合がない分、アクセス数は相当下がっていると予想される今日で、このありさまでは完全に改善されるまで、どれほどの時間がかかるのか本当に不安になります。

 

本当に10年で2100億円の契約は正解だったのか?

DAZNを運営するパフォームは、Jリーグの有料放送放映権を10年間2100億円で契約しましたが、採算が取れるのでしょうか。

単純に日本のDAZN会員数を月間平均100万人と仮定します。

そうすると、100万人×1200円(ドコモの特別料金ユーザーや決済代行などの手数料を除いて1ユーザー当たりの平均値段を仮定)で12億円になります。

これが、12か月で144億円の売り上げになります。

これが10年続いたとしても1440億で契約金の2100億円には到底届きません。

もちろん、他の放映権料も発生しているので、日本では完全に赤字という計算になります。

無料期間では、メディアの効果もあり会員数を集めましたが有料に移行した(移行予定)ユーザーはかなり減ると考えられます。

そうなると、私の計算以上に赤字幅は広がるのではと考えられます。

(あくまでもユーザー数を仮定したもので、実際とは異なります。)

 

止まらない動画を流すためには

DAZNが今抱える大きな問題は映像が止まってしまうと言う事です。

もちろん、各家庭のネット回線スピードにもよりますが、Twitterでは、毎週末のように不満が投稿されている事からもDAZNに原因がある事は明確です。

スポーツ中継ですので、ある程度の画質は必要ですが、どうしても止まってしまうのであれば、画質を落とすしか方法はありません。

今でも、決して誉められる画質ではありませんが、まだ落とす余地はあります。

特にタブレットやスマホで視聴するユーザーからしてみれば、もっと大幅に落としても問題はありません。

サーバーの強化に時間がかかるのであれば、強制的に画質を落として調整する方がユーザーの不満も少なくなるはずです。

 

どうすれば、Jリーグにおいて黒字を目指せるのか?

止まらない動画を流せば、もしかするとユーザーが増えるかもしれませんが、それも微々たるもので、黒字化は難しい事が予想されます。

そうなると、どうやって黒字化を目指すかが課題となります。

私であればスカパーやスポーツナビ(ソフトバンク)にサブライセンスを売る事を検討します。

確かに、サブライセンスを売ることでDAZNの会員を減らすことになります。

しかし、赤字を回避または減少させる事が出来るのであれば、すぐにでも実施すべきです。

 

スポーツファンは今後も減少

ある企業の調査では日本において、スポーツファン・スポーツ収入ともにこの数年間、減少傾向が続いているそうです。

おそらく、この調子でいくと一時的な増加は見込めても、年々目減りする事は確かです。

これを変えてくれる存在が、DAZNかと思ったのですが、現時点ではそうでもなさそうです。

個人的には、サッカーは好きですがお金を払ってまでJリーグを見たいわけではありませんので、無料契約が切れる段階で解約をする予定です。

せめて、ドコモと同じ1000円を切るほどのキャンペーンが出てくれば有料会員になる事も検討出来るのかなと思います。

DAZNの事を悪く言っていますが、Jリーグ開幕当初よりは明らかに改善はされています。

今後も更なる改善も行われる事かと思いますので、Jリーグファンの皆様は、Jリーグを応援するつもりで、DAZNを契約してみてはいかがでしょうか。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

3 件のコメント

  • DAZN最近見ていないけど、まだ止まるんですか?
    本当週末になるとアクセスが増加するんですけど。。。

  • 週末になるとこの記事のアクセスが増えるって事は、まだ止まってるのかな
    もう、スカパーにサブライセンスを売らないとJリーグの人気も危うくなるのでは・・・

  • DAZNの自信はどこから来るのだろうと疑問に思います。
    ただ、その会員に対して別の分野で金儲けができるのであれば、問題ないのですが、そういった事業計画もなさそうなので、本気で心配です。

  • コメントを残す