小さな巨人を7話見て、黒幕を予想してみた!!

TBS系列で日曜夜9時より放送されている小さな巨人。

他のドラマが視聴率で苦戦する一方で、なかなかの視聴率をずっとキープする状況が続いています。

このドラマの大まかなあらすじは、捜査一課から所轄に飛ばされた香坂警部が警察組織の不正と戦い真実を明らかにしていくというものです。

そこで、今回は7話までを見終えてこのドラマの黒幕が誰なのかを予想してみました。

 

敵は味方のフリをする

このドラマで重要なキーワードは「敵は味方のフリをする」です。

芝署編では、香坂の恩師でもある三笠署長がまさかの黒幕でこのキーワード通りとなりました。

このことから、7話時点で味方のフリをしている人が黒幕の可能性が高いと言えます。

7話時点で味方をしている主要人物のは、山田春彦(岡田将生)、三島祐里(芳根京子)、渡部久志(安田顕)と主人公の香坂真一郎(長谷川博己)の4名です。

主人公から一番近い存在で支えていると言っていいのは山田です。

しかし、時々不審な行動を取る山田を完全な味方と捉えるのは無理があります。

他の二人に関しては、怪しい部分がまだありませんが香坂の信頼を完全に勝ち得ているかというと微妙な部分もあると思います。

 

視聴者目線で考えて見た

「敵は味方のフリをする」を視聴者目線で考えてみました。

私たち視聴者にとって一番の味方は間違いなく、主人公の香坂ではないでしょうか。

そうなると、香坂が真の黒幕ということになります。

視聴率がいいだけに、続編が期待されますが、主人公が黒幕となると続編は難しいでしょう。

ただ、正義感溢れる主人公がまさかの黒幕となると、史上最高のドラマになることでしょう。

私としては一番可能性が高いのではと考えています。

 

敵の敵は味方

このドラマに置いて、もう一つ重要なワードが「敵の敵は味方」です。

この言葉を利用して、香坂が何度も成功するシーンがあるのですが、これも視聴者目線で考えて見ましょう。

まず、視聴者からして敵といえば間違いなく捜査一課長の小野田義信(香川照之)です。

その、小野田の敵と考えると香坂になり、香坂は味方ということになります。

この二つのビッグワードが結びつけば、黒幕がわかったも同然なのですが、残念ながらそうはなりませんでした。

しかし、小野田が黒幕というのはあまりにも普通すぎて面白くありません。

おそらく、小野田は警察の中でも正義感に溢れた優秀な人物だと想像できます。

ドラマでの写り方は、悪人そのものではありますが、それらも計算された行動で警察組織の不正を暴こうとしての行動なのだと思います。

 

結論

私が7話までみた黒幕の予想は、香坂が90%、山田が10%です。

もし、それ以外の監察官や早明学園関係者が黒幕となると、あまりにも普通で面白くありません。

私の期待を裏切らないのであれば、香坂が黒幕という結末で終わっていただきたいです。

ただ、続編に繋げるのであれば、今回は早明学園の関係者が黒幕で終わらせ、続編により香坂の正体が明らかになるのも悪くありません。

この予想は私の「カン」ではありますが、200%の覚悟を持っています。(笑)

コメントを残す