北朝鮮がミサイル実験をやめない理由として考えられる3つの事

2017年に入ってから北朝鮮のミサイル実験が加速する一方で、いつ日本にミサイルが飛ばされてもおかしくない状況となりました。

これまでの北朝鮮と大きく違うのは、やけに強気だという事です。

どうしてここまで、強気になっているのか、正直不明ではありますが、そもそもとしてミサイル実験を行う理由は何なのでしょうか。

今回は、北朝鮮がミサイル実験を行う理由を様々な観点から考えて見ました。

 

①世界征服を考えている

北朝鮮は独裁国家であることはご存知かと思いますが、その独裁の範囲を広げたいと考えているのではないでしょうか。

そう、日本も一昔前は領土の争いで様々な国と戦争をしてきました。

北朝鮮は今もなお、領土争いを行おうとしているのだと考えられます。

もちろん、昔の領土争いとは少し異なりますが、世界一の権力を持つ国になりたいと思っていることは間違いないでしょう。

そのためには、世界一の武装力を持つ、アメリカを越さなければなりません。

実験を何度も繰り返し、アメリカを越すほどの武装力が備わった時、北朝鮮とアメリカの本格戦争が始まるのではと思います。

 

②誰かの指示で動かされている

北朝鮮が強気の態度をとっている現状を見ると、必ず後ろに大国の存在があるのだろうと予想されます。

普通に考えるとロシアや中国が後ろについており、アメリカを挑発しているのですが、今回はそんな単純な事ではないと思います。

もし、誰かの指示で動いているのであれば、それはアメリカの指示で動いている可能性が極めて高いです。

というのも、今までとは明らかに異なる動き方をしており、指示している国が大きくなったとしか考えられません。

そうなると、ロシアや中国よりも大きな国という事でアメリカや日本しかありません。

なんのためにと思われるかもしれませんが、目的は色々あります。

日本を潰すためや、韓国を潰すため、もっというとアメリカ自身を潰すためかもしれません。

理由はわかりませんが、北朝鮮はロシア、中国以外の何処かの国が動かしている可能性もゼロではありません。

 

③自国の滅亡考えている

北朝鮮は今の金政権に限界を感じ、自国の滅亡を狙っているのかもしれません。

もちろん、金正恩はそんな事を思っていないかもしれませんが、ナンバー2以降が金正恩を騙して挑発行為を起こさせている事も考えられます。

挑発行為を繰り返す事でアメリカや韓国は黙っていないと予想することは容易で今のところ、攻撃は行われていませんが、いつアメリカから攻撃されてもおかしくありません。

おそらく、攻撃されれば北朝鮮も反撃に動くと思いますので、本格戦争に発展します。

そこで、アメリカに勝つことなど99%不可能で、金正恩は責任を取らせれ、金政権に終止符が打たれます。

 

一番可能性が高いのは・・・

私の中で一番可能性が高いのは、③番の自滅行為です。

おそらく、金正恩の側近も我慢の限界に近づいており、北朝鮮内での内戦がいつ起こってもおかしくない状況でしょう。

しかし、内戦をすれば多くの犠牲が出てしまう上に、金政権が継続される可能性も十分にあります。

それを阻止するためには、とにかく外部からの攻撃で終止符を打つしか方法がありません。

北朝鮮内での邪魔者を消すためのパフォーマンスが今回の暴走行為の真実だと私は思っています。

トランプ政権もこの企みに利用されていることは、すでに知っているのかもしれません。

あくまでも予想のレベルですので、実際はどうなのか疑問が残りますか、今回紹介したいずれかだと思います。




コメントを残す