ビットコインはこれからも価格が上がるのか?

ついに1ビットコインが200万円を超えて、今まで仮想通貨に興味のなかった人たちも興味を持つようになってきたのではないでしょうか。

私も、それほどビットコインを含めて仮想通貨は信用し難い部分があったのですが、流石にここまで上昇すると、通貨として認められるつあるのではとも思いました。

そこで、今後のビットコインの見通しはどのようなものなのか、個人の偏見も込みですが、予想してみました。

 

さらに加熱する模様

今後のビットコインですが、おそらくさらに値段は上昇すると考えられます。

その理由は二つあり、一つ目が取引所の破産や著名人により批判などネガティブニュースがあったにも関わらず、上昇しているからです。

もちろん、一時的な暴落は何度も記録していますが、基本的に上げトレンドは変わっていません。

そして、二つ目が国の通貨が信用できなくなっているからです。

多くの国では国債を大量に抱えており、日本においては1000兆円を余裕で越しています。

これは、国民ひとりあたり800万円以上の借金を抱えた状況で、これを解決するためには、お金を大量に刷るしかありません。

このように、無計画にお金を刷る事が増えると考えられる未来では計画的に増え続けるビットコインの方が希少価値が保証され安心できます。

これら、二つの理由からビットコインを含めた仮想通貨はさらに値上がりすると思います。

 

使えるお店がもっと増えればさらに上昇

現在、ビットコインはアメリカにおいては、多くの場面で使えるそうですが、日本においては残念ながらそうではありません。

かなり、限られた場面のみで、残念ながら自由な通貨とは言い難いでしょう。

しかし、こちらに関してもさらにビットコインの勢いが増せば、電子マネーのように一気に使える店舗が増えるはずです。

電子マネーと違い専用端末は必要なく、iPhoneなどのスマホを導入するだけなので、個人店舗でもかなり導入のハードルが低いはずです。

もちろん、決済手数料の問題から全ての店舗が導入するとは考えられませんが、チェーン店の多くが導入することは間違い無いでしょう。

 

ビットコインの価値が下がるとすれば

先ほども言いましたように、どこの国にも膨大な借金が存在します。

しかし、日本やアメリカのように自国でお金を作り出す能力を持つ国家はギリシャのように破綻しないと言われています。

理由は、最悪の場合はお金を刷りまくって、返せばチャラになるからです。

しかし、仮想通貨が流通しすぎると、自国の通貨が必要とされなくなります。

そうなると、最悪の手段が取れなくなる可能性があり、国としてはそれだけは阻止したいです。

なので、ビットコインの規制や悪質な税金を課せる可能性があります。

実際に今でもビットコインで利益を上げたにも関わらず、税金の関係で利益確定が出来ない人が何人もいます。

悪質な規制が日本をはじめとする主要国全体で始まってしまうと、ビットコインの価値は大きく下がると考えられます。

おそらく、これからも上がり続けるであろう、仮想通貨はビットコイン以外にもイーサリアムやリップルコインなどのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)が存在ます。

ただ、ビットコインのように化けるかと言われると、極めて低いのが現状です。

理由は通貨としての利用価値がどの程度浸透するかが重要で、普通のお店で使えるようになってこそ、初めて通貨として認められます。

ビットコインですら、日本おいては導入に苦戦している中で、アルトコインが浸透するには、さらに時間がかかることは明確です。

なので、ビットコインのような短期で大幅値上げを期待してアルトコインを買うのであれば、素直にビットコインを買う方が、価値が落ちても利用価値はあるのかと思います。




コメントを残す