損切りしないFXは失敗するのか?

FX取引をしていると損切りをした瞬間に全部戻してしまい「損切りしなければよかった」と思う事があると思います。

私も何度も同じような経験をして痛い思いをしたことがあります。

では、損切りしないトレードをすれば、負ける事は無いのでしょうか。

今回はFXの損切りについて考えてみました。

損切りしなければいつか戻る

為替変動ですので、株とは違い大きな流れを見ると、レンジ相場です。

なので、損をしたとしても切らなければいつか戻ります。

もちろん、国が破産するような事態になれば別ですがドル・円・ユーロでは、その可能性は極めて低いでしょう。

主要通貨同士の取引をしているのであれば、損切りは必要ないと考えています。

損切りをしなくていい条件とは?

損切りしなくても大丈夫と申しましたが、それには条件があります。

それは、レバレッジを低く設定している場合です。

FXの場合、レバレッジ25倍までの取引が可能です。

つまり、100万円あれば、2500万円分の取引が可能と言うとです。

仮にも25倍で取引をしているのなら、間違いなく損切りは必要です。

そうしないと、全財産を失うどころか、最悪の場合は追証の可能性もあります。

週明けの窓開きで追証が発生し、数百万円以上を請求されたという事例も少なくありません。

なので、レバレッジが高いのであれば、迷わず損切りを行ってください。

レバレッジ何倍までなら大丈夫?

レバレッジが低ければ損切りは必要ないと言いましたが、具体的にいくつぐらいまでなのでしょうか。

あくまでも、個人の感覚ではありますが3倍ぐらいまでに設定しておけば、安全と言えます。

大きな変動があったとしても、戦争・天災・テロなどが発生しない限り大丈夫でしょう。

もちろん、理想としては1倍ですので、資金に余裕があるのであれば1倍の取引をしてください。

いくら用意すればいいのか?

FXの魅力は何といっても、レバレッジをかけて取引が出来る事です。

自分の持っているお金以上に動かせるので、まさにハイリスク・ハイリターンの投資が楽しめます。

それなのに、レバレッジを3倍までに抑えろと言うのはFXの魅力を半減させてしまいます。

ただ、お金さえあれば低いレバレッジでも十分に稼げます。

では、素人が月に20万円をかせごうと思うと、どれぐらい用意しなければならないのでしょうか。

私のこれまでの経験で言うと、レバレッジ3倍に設定するとして、700万円ぐらいは必要です。

思った以上に用意しなければいけない事に驚いたかと思いますが、実際に勝ち続けようと思うと、これぐらいは必要です。

もし、この金額を用意できないのであれば、1か月の稼げる目標を下げるしかありません。

例えば、70万円しか用意できないのであれば、月に2万円稼げれば十分です。

FXをしたことある人なら、70万円もあれば、2万円なんて余裕と思うかもしれませんが、それは高レバレッジで取引をしているからです。

今回は損切りをしない取引を進める記事ですので、高レバレッジは全く考えずに、手堅く2万円を稼げるようになってください。

始めてFXをやろうとしている人へ

私は20歳の頃からFXをしていますが、これまで200万円以上は負けています。

幸い、別の事業で補填できている状態ですが、普通にやると間違いなく負けます。

もちろん、だからと言って取引をするなという事ではなく、しっかり管理して取引をしてくださいという事を伝えたいです。

私も以前は生活費で取引したこともあり、かなり苦しい状況になりました。

そういった人がこの記事で増える事を望んでいません。

なので、悪いことは言いませんので、FXをするときはあくまでも余剰資金で行ってください。

余剰資金が無いなら、やらないでください。

また、業者によっても勝ち負けが左右されます。

とにかく手数料(スプレッド)が安いのはDMMFXです。

キャンペーンで取引枚数に応じて、キャッシュバックもありますので、例え負けたとしても、キャッシュバックで補填してくれます。

ぜひ、FXを始めるのであればDMMFXで始めてください。

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

コメントを残す