客として扱われたければ低姿勢になるべき理由とは?

皆さんはお客さんだからと言って大きな態度を取っていませんか?

おそらく、頭の悪い人に限ってお客だからと言って店員や営業マンに大きな態度を取っているのを目撃した事があるのではないでしょうか。

しかし、よくよく考えてみると、お客として扱われたければ低姿勢に行った方が圧倒的に得をすると思いませんか?

そこで、今回は私が客として扱われたければ低姿勢を取るべきだと思う理由をご紹介します。

 

サービスが雑になたり、特典がもらえなくなる

店員さんも営業マンもお客さんと同じく人です。

なので、大きな態度を取られて嬉しいと思う人なのど皆無に等しいでしょう。

というより、大きな態度を取られれば、ほとんどの人がムカつきます。

実際に私も店員の立場、営業マンの立場になった事がありますが、ムカつきました。

そんなお客さんには、最低限のサービスだけを提供したり、お得意様にプレゼントしている粗品を渡さなかったりと、意地悪をしたことが何度もあります。

逆に低姿勢なお客さんに対しては、特典を多めにつけたり、真剣に提案内容を考えたりと無意識のうちに対応が変わっていました。

おそらく、店員や営業マンを経験した事がある人の9割以上が共感してくれるはずです。

なので、お客さんとしては低姿勢に行った方が同じお金を払っても上質なサービスが提供されるという事です。

 

売ってもらえなくなる

お店などでは態度の大きいお客さんでも相手にしてくれますが、営業マンがついている保険などでは売ってくれなくなる可能性があります。

そうなれば、別のところから購入すれば問題ないと考える人も多いですが、BtoBでは話が異なります。

例えば、BtoBの取引で何かを買いたい時に、これまでの取引から業者を変更するにも上司の決裁が必要になる場合があります。

また、広告掲載や求人広告など自社の事を知ってもらっていないと、一から進めるには時間がかかりすぎる商品も存在しており、それを売ってくれないとなると、大きな損害を与えてしまう事になります。

あなたが社長さんであれば、自業自得ですが、担当者レベルであれば、会社にいられなくなる可能性も十分に考えられます。

公共サービスと異なり、民間企業には売る自由というものも存在している事を忘れないようにしましょう。

 

自分にも返ってくる

おそらく、多くの人が店員や営業マンになる機会が人生で一度くらいあると思います。

過去にお客さんとして大きな態度を取っていたのであれば、かなりの確率で自分がなった時に返ってきます。

逆に、低姿勢を貫いている人には、不思議なものでそのようなお客さんに出会う可能性もかなり低くなります。

お客様は神様という言葉があるように、お金を支払う側が強い立場にいる事は間違いありません。

しかし、業者としてはお金以上のサービスや商品を提供しており、お客さんもそれがなければ生活できないのも事実です。

なので、全ての人に感謝する気持ちで、お客さんであっても低姿勢を貫ける大きな人になってください。




コメントを残す