震災報道に対する批判は正しいのか?

東日本大震災から7年が経過しました。

マスコミ各社が様々な記事を掲載し、ヤフーニュースで確認できるだけでも400近くの記事が存在ました。

おそらく、ヤフーと提携していないニュース機関や個人ブログなどを合わせると1000は余裕で超えると思います。

そう言った記事には、大抵の場合、コメントが記載できるようになっています。

また、Twitterなどでもニュースに対する意見が気軽に発信できる時代になりました。

そんな中で、こんなコメントを発見しました。

「節目の日だけ大々的に取り上げているマスコミはゴミ」

「節目だからと言って思い出したくない過去を思い出させるようなニュースは、どうかと思う」

※原文から大きく省略しています。

 

思い出す事が次の震災の被害を減らす

確かに、あの時の出来事を思い出したくない人や、震災のニュースを書いてお金にしようとしている人は大勢います。

しかし、あの日の出来事を忘れてしまうよりは、よっぽどいい行動だと私は思います。

おそらく、日本という国は今後も巨大地震を何度も経験する事だと思います。

その時に、東日本大震災の事を教訓にすれば、一人でも多くの人が助かるはずです。

ぜひ、東日本大震災を始め、大きな地震による被害があった事から目を背けずにいられる人が、一人でも多くいることを願います。

 

普段からずっと思い続けるのは無理がある

先ほど紹介したコメントには、「節目だけじゃなくて、普段からずっと思い出していてほしい」という意味も込められているのかもしれません。

しかし、私たちは普段からずっと地震の恐怖に耐えることは精神的にも無理な部分があります。

なので、せめて節目だけでも思い出してほしいというのがマスコミや国の考えです。

マスコミ嫌いの人は、マスコミに操作されているようで嫌かもしれませんが、実際に大きな震災を忘れている人は大勢います。

例えば阪神淡路大震災、新潟県中越地震、熊本地震の発生日を全て覚えている人は、どのくらいいるのでしょうか。

おそらく、全て言える人はかなり少数派だと思います。

この事からも節目に思い出す行為は大切で、被害に遭われた人のことを思うと、思い出さない方が失礼に当たると思います。

 

ただ、批判したいだけ

最近のニュースコメントを見ると、ただマスコミを批判したいだけのコメントが多いように感じます。

確かに、マスコミは無駄な取材も多く、不快にさせる記事もあります。

特に芸能ネタなどは誰が得をするのだろうと、私も疑問を感じる部分があります。

なので、極力そういったネタの記事は見ないようにしています。

皆様もマスコミやメディアに思うことは沢山あると思いますが、それらの存在がなければ、何も情報がない世界になってしまいます。

批判自体が悪い行動だとは思いませんが、批判ばかりするのでは、自分自身の時間を無駄にしています。

もっというと、マスコミからしすれば、ニュースをよく見てくれるお得意さんでしかありません。

そう考えると、批判もバカバカしいと思えてくるのではないでしょうか。

ぜひ、もっと自分の時間を有効活用していただければと思います。




コメントを残す