”プレミア”と”プレミアム”の違いってなに?

「プレミアリーグ」「プレミアシート」「プレミア価格」「プレミアショー」などの”プレミア”。

「プレミアムフライデー」「セブンプレミアム」「プレミアムモルツ」「金曜プレミアム」などの”プレミアム”

一見、同じような意味を持つ言葉として見られがちですが、本当は全然違う意味を持つ言葉なのです。

今回は、この二つの似た言葉の意味の解説をしていきます。

 

プレミアとは?

まず、プレミアとはどのような意味を持つ言葉なのかを解説していきます。

直訳すると、”初日”や”最初の”と言った意味になります。

なので、「プレミアショー」は映画や舞台の初日を表す言葉ということです。

じゃあ、「プレミアシート」は「初日のシート?」と疑問に思った人も多いと思いますが違います。

では何なのかと言うと、プレミアには「premiere」と「premier」の二種類が存在します。

プレミアショーは前者で、プレミアシートは後者になるのです。

そして、後者のプレミアの意味を直訳すると”1番の”や”首位の”と言った意味になります。

日本では圧倒的に後者の方が使われる頻度が高く、他よりも「1番良い」商品に使われています。

 

プレミアムとは?

次にプレミアムを直訳すると”割増金”や”高級品”、”報奨金”と言った意味になります。

なので、「プレミアムフライデー」はいつもとは違う特別な金曜日を表す言葉ということです。

他の「セブンプレミアム」もセブンイレブンのPBの中でも高級品に付けられる商品を指しています。

要するに、他よりも優位性があるということで、プレミア(premier)とほぼ同じ意味を持つということです。

 

プレミアムの略がプレミア?

日本においてプレミアとは、プレミアムの略語で使われることがほとんどです。

なので、「違いはなに?」の答えは「略語か略語じゃないか」と言うことになります。

日常生活で気にする事はありませんが、商品開発やマーケティングのお仕事に携わる人であれば、これぐらいは常識として身に着けておいた方が良いのではと思います。

以上、どうでもいい二つの言葉の解説でした。




コメントを残す