iPhoneって結局なにが良いのか。高いのに買うメリットとは?

アナタはiPhone派ですか?

それとも、Android派ですか?

はたまた、それ以外のスマートフォンを使っていますか?

私は、4年ほど前にiPhoneに変えてから、ずっとiPhoneユーザーです。

それまではAndroidをずっと使っていたのですが、今ではiPhone以外考えられません。

どうして、Androidに比べて、めちゃくちゃ高いのにiPhoneを選んでしまうのでしょうか?

おそらく、Android派の人はこんな疑問を持っていると思います。

そこで、今回はiPhoneユーザーを代表して、その答えを回答します。

 

①挙動が安定している

AndroidとiPhoneの一番の違いはOSです。

Androidは、各家電メーカーが作ったスマートフォンにGoogleのAndroidをインストールして使っています。

それに比べて、iPhoneは専用に作られたiOSを利用しています。

なので、不具合が少なく、挙動が安定しているのです。

最近でこそ、複雑なシステムのせいで、不具合が多くなりましたが、それでもAndroidに比べればマシです。

ただ、スティーブ・ジョブズさんが亡くなられて以降のAppleは不具合が多すぎるような気がするので、もう少し頑張ってほしいです。

 

②ブランド力がすごい

次に上げられるのがブランド力です。

時計でも服でも一緒ですがブランド力と言うのは大切です。

一種のステータスみたいなもので、iPhoneを持っているだけでカッコいいと思われる事もあります。

もちろん、Androidでもカッコいい製品は沢山ありますが、Apple信者からすると、やっぱりどこか違います。

言ってしまえば、一種の宗教的なものもあるかと思います。

 

③Apple製品との連携が抜群

iPhoneは、MacやiPadなどApple製品同士の連携が抜群で、データのやり取りや設定も共有できます。

今は残念ながらMacではなくWindowsを使っていますが、いずれはMacに戻る予定です。

もう少しウインドウズフォンが成功してくれれば、iPhoneではなかったかもしれません。

もしくは、chromebookが本格的なOSになれば、私のPC・スマホ関連費用はかなり節約できそうです。。。

 

主な理由は上記の三つです。

つまり、完全にApple信者だからです。

おそらく、多くのiPhoneユーザーも同じだと思います。

Androidユーザーの皆様は、ぜひ機会があれば、一度iPhoneを使ってみて下さい。

きっと、iPhone以外が使えなくなるはずです。

コメントを残す