YouTubeプレミアムの唯一の欠点とは?

ついに日本でもサービスが開始されたYouTube premium(プレミアム)。

広告を非表示にしたり、ダウンロードが出来たり、バックグラウンドで再生が出来たりと、多くのメリットが盛りだくさんです。

詳しいメリットのについては、他のメディアで多数紹介されているので、もう十分でしょう。

とにかく、便利な機能が盛りだくさんのYouTubeプレミアムですが、欠点も存在します。

今回はその欠点について解説していきます。

 

バッググラウンドで再生され続ける

YouTubeプレミアムの機能の中でも、多くの人が待ち望んでいたであろうバックグラウンド再生。

音楽を楽しみたい人、ラジオ感覚で音声だけを楽しみたい人にとっては神機能ともいえるでしょう。

しかし、バックグラウンドで再生されると言う事は、消し忘れの危険性が高まると言う事です。

私も通勤中にYouTubeを見ており、電車を降りる時にいつもの感覚でYouTubeアプリを閉じたのですが、バックグラウンド再生のせいでずっと再生され続けていました。

充電だけの消費であれば、会社で充電すればいいのですが、大切な通信量も相当やられてしまいました。

おそらく、映像がないので普通に動画を見るよりは少ない通信量で済むと思いますが、それでもやっぱり辛いです。

特に注意していただきたいのが、スリープ状態にしても再生が続いていると言う事です。

例え動画が終わったとしても、次の動画へも自動で切り替わるので、気が付かなければ無限に流れていると言う事になります。

 

対処方法とは?

これらの状況にならない為に対処する方法は注意するほかありません。

バックグラウンド再生を無効にする機能は存在しますが、それをしてしまうとプレミアムの恩恵が無くなってしまいます。

Bluetoothイヤフォンを利用している場合は接続を切った段階で、YouTubeの再生も止まるので、心配な人はそちらを利用するのも一つの手かと思います。

 

値段への不満はない?

YouTubeプレミアムの欠点として値段が高すぎると言う事もあります。

しかし、音楽のストリーミングサービスも利用できる事を考えると、特別高いわけではありません。

現在、SpotifyやAWA、LINEMusic等を利用している人は200円程度追加するだけ多くの便利機能が使えるので、それほど悪くないのかと思います。

よって、YouTubeプレミアムは日本のストリーミングサービスを潰す可能性があるでしょう。

現に、LINEMusicユーザーの私は完全に乗り換えようとしています。

ぜひ、まだ使っていない人は3ヵ月無料キャンペーン中ですので、一度利用してみて下さい。

コメントを残す