カフェのサイズの読み方一覧【大手8社】

スターバックスやドトールなどカフェでオシャレに仕事や読者などに憧れている人も多い事でしょう。

しかし、はじめてのカフェには色々と不安もあります。

その一つが、サイズの読み方問題です。

スターバックスを始めとしたたカフェでは通常のS・M・Lではなく、別の名称を設定している事も少なくありません。

そこで、今回はカフェ初心者でも迷わないようにサイズの読み方一覧を作りました。

 

スターバックスコーヒー

Short(ショート)

一番小さいサイズで長居するには少し物足りないぐらいのサイズです。

Tall(トール)

個人的に一番購入するサイズで値段もサイズも丁度手ごろです。

Grande(グランデ)

2時間~3時間ぐらいゆっくりしたい人はグランデサイズもいいのかと思います。

Venti(ベンティ)

一番大きいサイズで飲みきれないぐらいです。

私は購入したことがありませんが想像を超えるぐらいの大きさです。

 

ドトールコーヒー

ドトールコーヒーでは皆さんもおなじみの「S」・「M」・「L」の表記が使われています。

 

タリーズコーヒー

Short(ショート)

Tall(トール)

Grande(グランデ)

スターバックスコーヒーと違い3種類で構成されています。

読み方もスターバックスコーヒーと同じなので覚えやすいです。

 

サンマルクカフェ

サンマルクカフェでは皆さんもおなじみの「S」・「M」・「L」の表記が使われています。

 

ベローチェ

ベローチェでは皆さんもおなじみの「M」・「L」の表記が使われています。

ちなみに、ベローチェは喫煙者に優しいカフェとして有名です。

喫煙席が多く、年配者のの利用が多いイメージです。

 

星野珈琲

星野珈琲にはサイズと言う概念がありません。

高級感のあるイメージですが実際の値段はお手頃で高い印象はありません。

一部の店舗ではアルコールの提供もしておりカフェとしては珍しいのかと思います。

 

コメダ珈琲

コメダ珈琲にはサイズと言う概念がありません。

大きいサイズには「たっぷり○○」と別の商品名が付けられています。

もちろん、大きいサイズの用意がない商品もありますのでご注意ください。

 

ルノアール

ルノアールにはサイズと言う概念がありません。

カフェと言うよりは喫茶店に近い雰囲気を楽しみたい人向けのお店です。

落ち着いた雰囲気で学生が少ないのが特徴かと思います。

コメントを残す